障害者雇用の雇用ノウハウ・
テクニック

KNOW-HOW & TECHNIQUES

障害者雇用の基礎知識や、雇用課題解決に役立つノウハウ・実例を紹介しています。法律・制度をはじめ、採用活動や障害配慮、定着・活躍施策など、実務や課題別にご覧いただけます。

NEW

障害者の採用、雇用施策

障害者の採用時や、採用後の定着・活躍に欠かせないアセスメントについて、障害者雇用特有のポイントや具体的な手法、重視すべき評価項目など、採用時と採用後に分けて詳しく紹介します。

障害者雇用事例

精神障害者の雇用定着と生産性向上のために、300名以上の精神障害者を雇用するパーソルチャレンジの取り組みから、多くの企業のオフィスワークで実践可能なマネジメント実例を紹介します。

障害者の採用、雇用施策

新卒の障害者採用に関する基礎知識として、採用市場傾向やメリット、一健常者や中途採用との違い、母集団形成や面接、採用後の定着において押さえておきたいポイントをまとめました。

障害者の採用、雇用施策

障害者のテレワーク雇用の導入を阻む課題と、その課題の原因を探り、解決するためのヒント、そして、テレワーク成功のための「業務」「採用」「マネジメント」3つのポイントを紹介します。

障害者の採用、雇用施策

障害者の就業にテレワークを導入・活用する企業向けに、テレワークに適した業務創出・切り出しの方法のポイントを解説します。

障害者の採用、雇用施策

障害者雇用で最も多い課題の一つが「業務創出・切り出し」です。採用や定着、活躍に繋げるために、業務切り出し方法やポイントについて、実例を交えて紹介します。

障害者の採用、雇用施策

雇用した障害者の職場適応や定着のためには、適切な雇用管理が欠かせません。雇用後のトラブルや休職・離職を防ぐために、障害者の雇用管理のポイントを、失敗事例とあわせて紹介します。

障害者の採用、雇用施策

障害者のテレワーク雇用導入を検討している企業や、採用に課題のある企業の担当者の方向けに、テレワークではたらく障害者を採用する際の採用要件設定や母集団形成のポイントを紹介します。

障害者の採用、雇用施策

法定雇用率の引き上げや首都圏での採用競争の激化により、地方都市での採用に力を入れる企業が増えています。障害者雇用の拡大に課題を感じている人事担当者の方向けに、地方都市での障害者採用のポイントを紹介します。

障害を知る:障害特性、雇用状況、業務、配慮

HIV感染症は早期発見と適切な治療でコントロールできる病気であり、一般雇用者と同じく就労し、活躍することができます。HIV感染による免疫機能障害の正しい知識と就業上の配慮について、専門医による解説を交えて紹介します。

障害者の採用、雇用施策

障害者の定着や活躍、雇用拡大のためには、障害者雇用に向けた人事評価制度を整備して、多様な障害者に適切な人事評価を行うことが大切です。障害者雇用における人事評価と制度設計の考え方について解説します。

障害者の採用、雇用施策

在宅勤務中の社員へのマネジメントや健康管理、支援の仕方を紹介します。

障害者の採用、雇用施策

障害者の採用にWeb面接(オンライン面接)を導入する企業が増えています。そこで、Web面接に向けた事前準備をはじめ、オンラインによる採用面接のポイントやメリット、活用するツールや注意点をまとめました。

障害を知る:障害特性、雇用状況、業務、配慮

てんかんのある人の雇用、定着のために企業側が知っておくべきことをまとめました。てんかんの症状や発作、就業上の配慮や雇用事例について紹介しています。

障害者の採用、雇用施策

体調の悪化などにより休職した精神障害者が職場復帰する際の復職判定や復職までの手順、必要な配慮や注意点などについて、当社パーソルチャレンジの取り組みをもとに紹介します。

障害を知る:障害特性、雇用状況、業務、配慮

聴覚障害は単に「言葉が聞こえない」障害ではなく、聞こえの程度やコミュニケーション方法に個人差があります。聴覚障害の特性や種類、従事できる業務や必要な配慮など、聴覚障害の雇用・定着のために知っておきたいことをまとめました。

法定雇用率(障害者雇用率)、制度

2020年4月より、改正障害者雇用促進法に基づく「週20時間未満の労働者を雇用する企業への給付」と「中小企業を対象とした認定制度」の2つの新制度が施行されました。新制度の内容と注意点、企業が活用する方法について詳しく解説します。

障害者雇用の基礎

支援機関のそれぞれの役割、どのように連携するべきかについて紹介します。

障害者の採用、雇用施策

精神障害者の採用ニーズが高まる中、求める人材を採用するためには「障害者から選ばれる企業になること」が大切です。知名度や年収額などの条件に限らず、障害者の意向を高め、選ばれるためのヒントを紹介します。

障害者雇用の基礎

障害者雇用のための準備から人材募集、採用までを分かりやすく解説。雇用人数の算出から業務の選定、配属先や雇用形態の考え方、求める人材を集めるための求人方法や面接で確認すべきポイントなどをまとめました。

障害者の採用、雇用施策

障害者の職場適応や定着のためには、配属先で同僚となる社員の理解と協力が欠かせません。日々の接し方や問題が起きた際に備え、伝えておくべきことや留意点をまとめました。

障害者雇用事例

IT・情報通信企業での障害者雇用状況や雇用上の課題、雇用成功のポイントや、各社の雇用事例をまとめました。

障害者の採用、雇用施策

「障害者を採用したいが、求めるターゲット人材探しに苦労している」という課題を抱えている企業の採用担当者向けに、採用を改善するためのコツと、実際に当社が支援した企業の成功事例を紹介します。

障害者雇用事例

中小企業では、コストや人的リソース、ノウハウが限られるため、障害者雇用を進めるのが難しいという声も多く聞かれます。そこで、中小企業で雇用を進めるためのポイントや、雇用を進めている企業の事例を紹介します。

障害者雇用事例

東京都が、障害者雇用を積極的に推進しているとして表彰している企業の取り組みを通じて、中小規模の企業や特例子会社、これから雇用に取り組む企業にとって参考にすべき工夫を紹介します。

障害を知る:障害特性、雇用状況、業務、配慮

身体障害者の雇用はニーズの高まりと人材不足により採用が難しく、今後は中高年層を雇用ターゲットに加える企業が増えるでしょう。そこで、中高年層の障害者を雇用するメリットや気を付けたいことなど、雇用事例をもとに紹介します。

障害者の採用、雇用施策

就労移行支援事業は、一般企業での就労を目指す障害者に職業訓練や就職支援を行う福祉サービスです。障害者人材の採用や雇用後の定着を図りたい企業向けに、上手に活用するために知っておくべきことをまとめました。

障害者の採用、雇用施策

企業で雇用されている障害者の給与データや、賃金体系における一般雇用者との考え方の違い、当社の事例などから、障害者雇用の賃金を決定するときのポイントを考えます。また最低賃金制度についても紹介しています。

障害者の採用、雇用施策

働き方改革やダイバーシティの広がりにより、障害者雇用でも在宅勤務によるテレワーク導入が注目されています。障害特性や能力に応じて活躍の可能性を広げられる在宅勤務のメリットや注意点、雇用事例をまとめました。

障害者雇用の基礎

障害者への差別は法律によって禁止されています。職場での差別がトラブルや離職に発展しないために、企業側は何をすべきでしょうか。差別禁止の考え方や差別にあたるケース、実際の差別事例などについてまとめました。

障害者の採用、雇用施策

精神障害のある方の就業安定、職場定着のために、企業が採用準備段階で押さえておくべき人材要件のポイントを、当社での採用事例とあわせて紹介します。

障害者の採用、雇用施策

特例子会社による障害者雇用促進を考えている企業の担当者向けに、特例子会社制度の概要やメリット、設立の条件や具体的なステップなどをまとめました。実際に特例子会社として雇用促進を行っている当社パーソルチャレンジの事例もあわせて紹介しています。

障害者雇用の基礎

障害者雇用促進法は、雇用に取り組む意義と企業が守るべき義務が定められています。企業側の義務とは何か?何をすべきなのか?違反した場合の罰則は?…不安に思っている雇用担当者のために、知っておくべきポイントをまとめました。 (※2021年3月10日更新: ・厚生労働省「障害者雇用状況の集計結果」令和2年発表の数値に更新しました ・法定雇用率の数値 2.3%に更新しました)

法定雇用率(障害者雇用率)、制度

障害者の雇用や就業に積極的に取り組む企業は、税制上の優遇制度を利用することができます。今回は法人税や事業所税などの税金の優遇措置の内容、利用できる優遇制度をまとめて紹介します。

障害を知る:障害特性、雇用状況、業務、配慮

知的障害者の雇用を検討する際、どのような点に気をつけるべきなのでしょうか。今回は、知的障害の特徴や雇用状況、業務例や雇用における注意点、企業での雇用事例と、知的障害者の雇用に対する助成金について紹介します。

障害を知る:障害特性、雇用状況、業務、配慮

HIV感染症は早期発見と適切な治療でコントロールできる病気であり、一般雇用者と同じく就労し、活躍することができます。HIV感染による免疫機能障害の正しい知識と就業上の配慮について、専門医による解説を交えて紹介します。

障害者の採用、雇用施策

障害者雇用に取り組む企業から「採用をしても定着しない」「人材活用が進まない」という声を耳にします。一方、企業の取り組みへの不満を抱える障害者も見られます。企業と障害者の間のギャップ、その背景にある誤解を紐解きます。

障害者の採用、雇用施策

障害者雇用は法的義務だけでなく、企業価値の向上や多様性のある組織作りなど多くのメリットをもたらすものでもあります。障害者雇用のメリットとは何か、社内で理解を得るためにデメリットや課題にどう対処すべきかのポイントをまとめました。

法定雇用率(障害者雇用率)、制度

「障害者雇用納付金制度」は、障害者を雇用するすべての企業に関わる重要なルールの一つで、事業主はその内容を正しく把握しておく必要があります。この制度について誤解している人も少なくないため、障害者雇用納付金制度の概要とその趣旨、具体的内容、注意点について紹介します。

障害者の採用、雇用施策

障害者雇用では、合理的配慮の提供は法的義務として定められています。合理的配慮とは具体的にどのようなもので、雇用側はどこまでの義務を負っているのか、配慮提供までのプロセスや職場での具体的な提供例を紹介します。

障害を知る:障害特性、雇用状況、業務、配慮

発達障害者の雇用が増加する一方、採用や定着への課題を抱える企業も増えています。発達障害の特性から企業での雇用状況、能力を発揮しやすい業務や採用・定着のための配慮など、雇用にあたって抑えるべきポイントをまとめました。

法定雇用率(障害者雇用率)、制度

障害者雇用に関する助成金は種類が多いため、どのようなときにどの助成金を申請し、受け取ることができるのかよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、障害者雇用に関するおもな助成金をご紹介します。

障害を知る:障害特性、雇用状況、業務、配慮

視覚障害は、身体障害の中では雇用が進んでいない障害の一つで、何ができるのか分からない、デスクワークが多いオフィスでの雇用は難しいのでは、といった声もよく耳にします。視覚障害の正しい知識と職場での配慮について紹介します。

障害者雇用の基礎

障害者の雇用数は年々増加しているものの、特定の人材層への偏りや、企業規模によって差があるなど、様々な傾向が表れています。この傾向が自社の雇用に及ぼす影響と、取るべき対策をまとめました。

法定雇用率(障害者雇用率)、制度

障害者雇用促進法では、障害のある方の雇用を義務付けています。しかし、実際のところ、どんな場合に何人雇うことになるのかわからないという方も少なくありません。2021年3月から引き上げられた障害者雇用率(法定雇用率)を踏まえて、具体的に雇用すべき人数の計算方法や、障害のとらえ方などについて見ていきます。

障害を知る:障害特性、雇用状況、業務、配慮

精神障害は、2018年より法定雇用率引き上げとともに障害者雇用義務対象として加えられたことから企業での雇用が進んでいます。しかし、障害に対する正しい理解や配慮がなく、定着できず離職してしまうケースも多く見られます。精神障害の特性や職種、仕事内容、必要な配慮について紹介します。

障害者雇用の基礎

企業が押さえておくべき障害者雇用の法律・制度をご紹介します。

障害者雇用の基礎

障害者雇用の概要やガイドラインについて紹介します。雇用政策、法制度、障害者手帳、今後の雇用・・・雇用に取り組む方に、まずは知っておいていただきたいことをまとめました。