チャレンジ ラボチャレンジ ラボ

障害者労働市場レポート
(2018年7月)

2018年4月から、民間企業における法定雇用率が2.2%に引き上げられ、今後さらに上昇することが見込まれています。

さらに精神障害者も雇用対象に加えられるなど、雇用を取り巻く状況は急速に変化していると言えます。

パーソルチャレンジでは、厚生労働省をはじめ各所より公表されているデータをもとに、障害者雇用市場と、雇用母集団規模の現状と今後について分析・推計しました。 今後の障害者雇用のご参考にしていただければ幸いです。

DOWNLOAD 912KB

DOWNLOADダウンロード

一覧を見る

障害者雇用の基礎知識

一覧を見る

精神障がい者雇用 現場の理解を得るためにNEW 障がい者の雇用は「人事部や障がい者本人の課題」ではなく「企業全体の課題」として現場責任者をはじめとする社員が協力していく必要があるものと考えます。現場の理解を得るには“精神論”だけでなく、精神障がいに対する正しい知識、会社としての方針や、人事として現場をバックアップする仕組みがあることを明確にする必要があります。
今回は、精神障がい者雇用に対する理解を得るために説明・アピールすべきポイントを紹介します。
1.5MB DOWNLOAD
合理的配慮-正しく効果的に行うための留意点- ここ数年でよく知られるようになった「合理的配慮」。法律でも、障害者の雇用における企業の提供義務が定められていますが、 実際の職場ではちょっとした誤解や認識不足のために正しく実施されていないケースも少なくありません。
それを防ぐためにも、改めて「合理的配慮」の意味を考えながら、 職場での留意点を示していきます。
1.4MB DOWNLOAD

セミナー資料アーカイブ

一覧を見る

2017.11.14 開催 HRカンファレンス2017 -秋- (東京) オフィスにおける障害者雇用のポイントと今後の方向性~オフィスにおけるインクルーシブな雇用モデルの創出~ 2.08MB DOWNLOAD
2017.05.18 開催 HRカンファレンス2017 -春- (東京) これからの新卒障害者採用~既存の採用方法の限界点と新たな採用手段について~ 1.99MB DOWNLOAD
Adobe Acrobat Reader ※PDFファイルの表示と印刷には無償配布のAdobe Acrobat Reader(R)ソフトウェアが必要です。お手持ちでない方は、サイトからダウンロードを行ってください。