障害を知る:障害特性、雇用状況、業務、配慮

障害別に、特性や雇用状況、業務や就業上必要な配慮など、雇用実例をもとに紹介しています。

HIV感染症は早期発見と適切な治療でコントロールできる病気であり、一般雇用者と同じく就労し、活躍することができます。HIV感染による免疫機能障害の正しい知識と就業上の配慮について、専門医による解説を交えて紹介します。

てんかんのある人の雇用、定着のために企業側が知っておくべきことをまとめました。てんかんの症状や発作、就業上の配慮や雇用事例について紹介しています。

聴覚障害は単に「言葉が聞こえない」障害ではなく、聞こえの程度やコミュニケーション方法に個人差があります。聴覚障害の特性や種類、従事できる業務や必要な配慮など、聴覚障害の雇用・定着のために知っておきたいことをまとめました。

身体障害者の雇用はニーズの高まりと人材不足により採用が難しく、今後は中高年層を雇用ターゲットに加える企業が増えるでしょう。そこで、中高年層の障害者を雇用するメリットや気を付けたいことなど、雇用事例をもとに紹介します。

知的障害者の雇用を検討する際、どのような点に気をつけるべきなのでしょうか。今回は、知的障害の特徴や雇用状況、業務例や雇用における注意点、企業での雇用事例と、知的障害者の雇用に対する助成金について紹介します。

HIV感染症は早期発見と適切な治療でコントロールできる病気であり、一般雇用者と同じく就労し、活躍することができます。HIV感染による免疫機能障害の正しい知識と就業上の配慮について、専門医による解説を交えて紹介します。

発達障害者の雇用が増加する一方、採用や定着への課題を抱える企業も増えています。発達障害の特性から企業での雇用状況、能力を発揮しやすい業務や採用・定着のための配慮など、雇用にあたって抑えるべきポイントをまとめました。

視覚障害は、身体障害の中では雇用が進んでいない障害の一つで、何ができるのか分からない、デスクワークが多いオフィスでの雇用は難しいのでは、といった声もよく耳にします。視覚障害の正しい知識と職場での配慮について紹介します。

精神障害は、2018年より法定雇用率引き上げとともに障害者雇用義務対象として加えられたことから企業での雇用が進んでいます。しかし、障害に対する正しい理解や配慮がなく、定着できず離職してしまうケースも多く見られます。精神障害の特性や職種、仕事内容、必要な配慮について紹介します。