法定雇用率(障害者雇用率)、制度

法定雇用率(障害者雇用率)や助成金・納付金制度の基本情報とその対応策を紹介しています。

NEW

精神障害者の短時間労働者に対する雇用算定の特例措置について、算定方法や注意点、企業の雇用状況などを紹介します。

障害者雇用の推進に対する助成金のうち、企業に利用される機会が多い「特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)」について、制度の概要や申請の仕方、申請にあたっての注意点を紹介します。

2020年4月より、改正障害者雇用促進法に基づく「週20時間未満の労働者を雇用する企業への給付」と「中小企業を対象とした認定制度」の2つの新制度が施行されました。新制度の内容と注意点、企業が活用する方法について詳しく解説します。

障害者の雇用や就業に積極的に取り組む企業は、税制上の優遇制度を利用することができます。今回は法人税や事業所税などの税金の優遇措置の内容、利用できる優遇制度をまとめて紹介します。

「障害者雇用納付金制度」は、障害者を雇用するすべての企業に関わる重要なルールの一つで、事業主はその内容を正しく把握しておく必要があります。この制度について誤解している人も少なくないため、障害者雇用納付金制度の概要とその趣旨、具体的内容、注意点について紹介します。

障害者雇用に関する助成金は種類が多いため、どのようなときにどの助成金を申請し、受け取ることができるのかよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、障害者雇用に関するおもな助成金をご紹介します。

障害者雇用促進法では、障害のある方の雇用を義務付けています。しかし、実際のところ、どんな場合に何人雇うことになるのかわからないという方も少なくありません。2021年3月から引き上げられた障害者雇用率(法定雇用率)を踏まえて、具体的に雇用すべき人数の計算方法や、障害のとらえ方などについて見ていきます。