人材紹介サービス

国内最大級の登録者データベース

「dodaチャレンジ」は、国内最大級の登録者数を持つパーソルグループの障害者転職支援サービス。登録者の経験職種は幅広く、ご紹介先の業種も多岐にわたります。当社では、企業の人材要件にマッチした候補者をこの「dodaチャレンジ」から選出し、初期選考の代行や入社の意向醸成などもフォローいたします。

dodaチャレンジdodaチャレンジ

「dodaチャレンジ」登録者について

登録者は39歳以下が過半数を占め、男女比は約6.7:3.3。東京・名古屋・大阪にカウンセリング拠点を持ち、全国ベースの登録者があるので、地方での採用にもご対応いたします。

年齢別割合、職種別割合年齢別割合、職種別割合

※2017年4月1日~2018年3月31日の期間に新規ご登録いただいた方

多様な業界・職種にフィットする、幅広い登録者層。

登録者の経験職種は事務系が約6割。その他さまざまな経験やスキルをお持ちの方が登録されておりますので、採用母集団を形成しづらい業界や条件に対しても仕事内容にフィットした候補者をご紹介いたします。

ご紹介先の一例

航空運輸会社様、食品メーカー企業様、シンクタンク企業様、大手金融機関様、大手通信会社様、大手都市ガス会社様、ディベロッパー企業様、IT企業様、大手電機メーカー様、通信・ネットワーク機器メーカー様、不動産会社様、システムインテグレーター企業様、大手化粧品メーカー様、出版会社様、製薬会社様、建設機械メーカー様、信販会社様

障害者の採用市場を熟知し、
トレンドに合わせた採用戦略を。

  • 「職業準備性」を
    事前に評価
  • 国家資格・専門資格保有CA複数在籍
  • 求職者の職業的背景を的確に評価

障害別の専任担当制で、
専門的な知識とノウハウを蓄積。

  • 障害ごとの特性に関する豊富な知見
  • 身体障害・知的障害・精神障害、各専門スタッフが的確にアドバイス
  • 専門性の高い知見とノウハウで、
    採用活動をサポート

キャリアアドバイザーからの
コメント

キャリアアドバイザー
(精神障害者担当)より

「働きたい気持ち」と企業様を結ぶ。

精神障害のある方にとって、企業様が自分と同じような障害のある方を雇用しているかは大きな安心材料になります。そのため、マッチングの際には企業様の雇用経験を特に重視しています。企業様に対しては、入社前に障害や配慮についてのオリエンテーションを実施。障害のある方の「働きたい気持ち」を企業様への貢献に結び付けられるよう、きめ細かくサポートしています。

キャリアアドバイザー
(身体障害者担当)より

情報共有を重視し企業様の課題を把握。

同じ障害名でも、必要な配慮やできることは人それぞれ。ご紹介時には、障害のある方が抱く想いや乗り越えてきたことなども含めて企業様にお伝えしています。また、リクルーティングアドバイザーとの情報共有に時間を割き、企業様の現在の状況や課題などを把握することで、どのような方を求めているのか具体的なイメージを膨らませるようにしています。