定着・活躍支援

「障害のある社員への関わり方が分からずに困っている」「障害のある社員の体調・メンタル不良が続いている」といったお悩みは、持続的な障害者雇用を目指すうえで大きな課題。障害のある社員さまと管理者さま双方に向け、特例子会社として培ったノウハウをベースにした充実の支援をご用意しています。

ここがポイント!

  • 障害のある社員さまと
    雇用管理者さま双方への支援を実施
  • パーソルチャレンジが自社で培った
    雇用ノウハウを提供

たとえばこんなお困りごとに……

  • 障害のある社員の受入方法が分からずに困っている
    受け入れ現場の方々が、障害のある方にどのように関わればよいのか分からない場合もあります。そのようなケースでは一般社員の理解促進のための支援(障害の特性理解に向けた資料作成、伝え方のアドバイスなど)を、実際にご入社された障害者の特性に合わせて実施いたします。
  • 障害のある社員を指導する社員のノウハウが不足している
    障害のある社員に、指導的な役割の社員をつける場合が多くあります。
    業務指導する立場にある方がどのように指導を行えばいいのかについて、具体的なアドバイスを実施します。
  • 最近、障害のある社員の体調不良が増えてきて困っている
    面談の仕方や管理職として面談の際に聞き取らなければならないポイントなどのアドバイスを行います。また、管理職の方同席のもとで、専門のスタッフが面談を行うこともあります。
ご活用例をみる

雇用支援面談サービス

採用後に生じるさまざまなギャップを解決するため、雇用ノウハウを持つ専任のコンサルタントが、障害のある社員さまと定期面談を実施。ご本人と雇用管理者さま双方に向け、課題や不安解消に向けたアドバイスを行います。

サービスの流れ

事前準備

管理者さまより当事者の障害特性や状況を把握するための引継ぎを行う
  • 障害のある社員さまの状況把握
  • 支援施策のゴール設計
事前準備

定期面談

具体的な課題に応じて管理者も含めた対応策を講じる
  • 雇用管理者さまからの課題収集
  • 障害のある社員さまとの面談
定期面談

面談報告・提言

管理者さま主体で課題解決に繋がる手法を提案
  • 雇用管理者さまへの面談内容の共有
  • 支援施策のゴール設計
  • 必要な対応・指導ノウハウの提言
面談報告・提言

障害のある社員さまと
雇用管理者さま双方への面談実施

障害のある社員さまとの面談結果は、雇用管理者さまへ随時報告。社員管理のフォローを行い、管理者さまの負担を軽減します。

雇用管理者さま向けアドバイスが充実

雇用管理者さまに向け、雇用管理に関わる研修等を実施。障害のある社員さまとのコミュニケーションのコツやマネジメントのポイントを、実際の現場で利用可能なノウハウとして提言します。

弊社からのご紹介の場合は、お得に利用可能

当社の人材紹介サービスをご利用いただき、入社決定された場合は、決定価格とセットでお得に雇用支援サービスをご利用いただけます。配属前の受け入れ説明会の開催や、障害者理解を深めるための資料作成など、不安を払拭するための受け入れ準備支援も含まれます。

障害者社員向け
電話相談サービス

専門カウンセラーが障害のある社員さまから直接ご相談内容をお伺いし、解決に向けた行動例やご本人の捉え方についての助言を行います。
職場には直接言いづらい悩みなどをご相談いただけるほか、今の状況を整理するための場として活用いただくことで、健やかな心身を保つように促します。なおご利用状況は、弊社より貴社へご報告いたします。
※弊社と提携している外部機関の電話相談サービスをご利用いただけます。
心身が健やかな状態で業務ができる状態心身が健やかな状態で業務ができる状態

相談内容

メンタルヘルス
職場の人間関係や仕事上の悩みなど
身体とこころの症状等
休職、復職に関してのご相談など
ハラスメント
セクシャルハラスメントの悩みなど
パワーハラスメントの悩みなど
セクシャルハラスメントの相談を受けたなど
くらしの相談
相続、離婚、金銭貸借、不動産、交通事故、近隣トラブル
所得税、譲渡所得税、相続税、贈与税
資産運用、住宅資金
年金、健康保険、雇用保険、介護保険
冠婚葬祭、ビジネスマナー など

24時間365日、
相談内容に応じた専門家が対応

専用電話またはサイトにて、1回30分/日を目安にご相談を伺います。相談者が所属・性別・氏名・相談内容のすべて、またはいずれか秘匿を要望できます。
「心」の問題に関するものであれば臨床心理士や精神保健福祉士などの有資格者が対応し、「暮らし」に関わる内容であれば消費アドバイザーによるアドバイスを行います。

Challenge Tips

離職理由の早期解決が、
定着の実現につながる。

障害のある社員の離職原因としては、職場の雰囲気や人間関係、仕事内容が合わないなど、「はたらく場」に関する課題が多く見られます。
こうした離職につながる職場の因子を早期に発見・解決することにより、離職抑止をすることが求められます。

精神障害者の離職の理由
(個人的理由)(複数回答)
拡大してご覧ください
精神障害者の離職の理由(個人的理由)(複数回答)

出典:厚生労働省 職業安定局雇用開発部 障害者雇用対策課
地域就労支援室「障害者雇用実態調査」(2013年度)
※調査対象:精神障害者552人