有識者・企業の声
~支持・賛同者の皆さまより~

コミュニケーション・サポート・プログラム(CSP)へご支持いただいている有識者の方、ご賛同いただいている企業の皆さまからのメッセージをご紹介します。

寄稿文

松為 信雄さん画像

発達障害のある学生の支援

松為 信雄(まつい のぶお)さん

  • 東京通信大学 人間福祉学部 教授
  • 内閣府障害者政策委員会委員
  • 文部科学省特別支援教育総合研究所運営理事外部評価委員長
  • 日本職業リハビリテーション学会顧問
  • 日本精神障害者リハビリテーション学会常任編集委員

「コミュニケーション・サポート・プログラム」は、学生が自分のキャリアの設計とその達成に向けた活動を支援します。それは、支援者と発達障害のある学生との協働によってこそ成果が得られます。学生に寄り添い、その体験世界に共感的な理解を持ちながら共に実践と対話を積み重ねていく。そうした支援ネットワークを作り上げてゆく契機なのです。

企業の声

アクセンチュア株式会社

社会に対する付加価値をより高める、一歩踏み込んだ専門性の高い組織を

アクセンチュア株式会社

  • ビジネスコンサルティング本部
    ストラテジーグループ M&Aプラクティス マネジャー
    田口 貴規(たぐち たかのり)さん
  • ビジネスコンサルティング本部
    コンサルティンググループ 人材・組織プラクティス マネジャー
    千代崎 透我(ちよざき とうが)さん

今回、CSP Internshipに参加した感想ですが、参加学生の皆さんは非常にポテンシャルが高いということを感じました。そこから今考えているのは、彼らの課題は潜在的な能力があるにも関わらず、能力の発揮の仕方がわからないのではないか、ということ。そして、適切なサポート環境さえあれば、彼らはもっと自らの能力を発揮し、社会に対して価値提供できる場があると考えています。

日揮ホールディングス株式会社

障害学生が強みを発揮できる環境づくりを

日揮ホールディングス株式会社

  • グループ人財・組織開発部 人財開発チーム
    成川 潤(なりかわ じゅん)さん

恐らく、多くの企業では障害がある学生の採用に際して、学生から社会人への大きな環境変化が生じることに起因して「安定的な就労ができないのではないか」とか、「体調を崩してしまう可能性があるのでは」といった考えが頭をよぎることが多分にあるのではないでしょうか。ですが、CSP Internshipを通じてわかったことは、受け入れる企業側が障害の特性を理解し、配慮することによって、彼らのパフォーマンスを十分に発揮させることが出来るということです。