CASE 03

求職者様の「これまで」と「今」、そして「未来」に本気で向き合うパートナー

人材紹介事業部

宇田 洋子さん [キャリアアドバイザー]

  • AM 9:30

    出社

    夜のうちに求職者様から来たメールチェックや返信対応を行います。また、当日の業務設計を再確認し、業務が円滑に進むように準備します。

  • AM 10:00

    チーム朝会

    チームで、求職者様の選考進捗や業務進捗、共有事項などを確認します。
    また、新規求人の情報共有なども行い、チーム全体として良いマッチングができるようにチームで連携します。

    POINT

    チームでの情報共有や助け合いを大切にしています。個人だけでなくそれぞれが助け合う組織です。

  • AM 11:00

    リクルーティングアドバイザーとミーティング

    担当している求職者様にマッチングする求人を探すために、法人側の担当であるリクルーティングアドバイザーと個別のミーティングを実施。求職者様一人ひとりの希望や特性を伝えながら、求職者様にとって、より働きやすく活躍できる企業を探します。

    POINT

    協業相手であるリクルーティングアドバイザーとの連携がこの仕事のポイントです。日々コミュニケーションを取りながら、求職者様のスムーズな転職活動の支援、より良い就職先を探求します。

  • PM 12:00

    ランチ休憩

    メンバー同士で外食したり、自席やリフレッシュルームでお弁当を食べたりと、各自が自由に過ごします。

  • PM 1:00

    カウンセリング

    アポイントがあった求職者様と面談をします。
    その人のキャリア、興味、目標、障がい内容などをヒアリングしながら、最適な企業や仕事を一緒に考えていきます。 一人あたり90分〜120分程度の時間をとることが多く、求職者様にとっては、人生のターニングポイントとなる大切な時間です。

    POINT

    求職者様の要望をヒアリングし、その人にあった求人をご紹介するのですが、面談時間に限りがあるため下準備は欠かせません。履歴書や職務経歴書をお預かりし、まずは書類からその人の志向性を読み取り、話の流れを何パターンか用意しておいてから面談に臨みます。

  • PM 3:00

    推薦書類と求人案件マッチング

    カウンセリング後、求職者様の良さや特徴、障がい内容などがよりわかりやすく法人側に伝わるように、推薦書類を作成します。また、カウンセリング内で興味を持った求人案件に応募するための書類を整理します。

    POINT

    応募書類は企業が最初に目にする大切な書類です。カウンセリングで得た情報を客観的に企業に伝える大切なツールとなります。

  • PM 5:00

    面接対策

    選考面接が決まった求職者様へ、面接対策を行います。基本的な面接のポイントから、求人案件や企業ごとのポイントをお伝えする大切な時間です。改めて自身のこれまでのキャリアと今後の方向性を摺合せし、面接予定の企業へより伝わりやすい内容に精査します。

    POINT

    採用面接の場では、言い方ひとつで違った印象を与えるため、求職者様の良さが最大限伝わるように、人材紹介のプロとしてアドバイスします。

  • PM 6:00

    メールチェックや個別ミーティングなど

    求職者に連絡を入れたり、選考が進んでいる案件に対して、リクルーティングアドバイザーと個別のミーティングを実施したりします。選考状況や求人情報は日々状況が変化しているため、関係者と最新の情報を共有し、最適な就職活動の支援を行います。
    求職者様に選考結果を伝える事も大切な役割で、今後の活動の方向性を相談したりします。

    POINT

    現職中の方も多いため、メールだけではなく電話でお話する事により、より深い信頼関係を構築する事が重要です。

  • PM 8:00

    翌日の準備

    翌日のスケジュールや資料の確認、準備を行い退社します。

COMMENT

障害者手帳をお持ちの求職者様の自己実現を支援するパートナーとして、転職活動全般のサポートするのがキャリアアドバイザーの役割。
転職で叶えたい目標に向かって、カウンセリング、求人のご紹介、応募書類作成支援、面接の対策、条件交渉、退職交渉のサポート、そして入社前後のフォローも実施致します。
求職者様の「これまで」と「今」、そして「未来」に本気で向き合うパートナーとして、新たな道を一緒に切り開いていく、人の人生に寄り添った仕事です。