お知らせ

2021.04.01

早稲田大学主催「就職に向けて一歩を踏み出すキャリアセミナー~ヒントを知り、これからを考える~」に講師として登壇しました

2021年3月10日(水)、早稲田大学主催のキャリアセミナーに「コミュニケーション・サポート・プログラム」(CSP)スタッフが講師として登壇しました。今回のセミナーは、キャリアセンター、学生相談室、障がい学生支援室の合同キャリアイベントであり、就職活動や卒業後の不安を軽減してもらうことを目的として開催されました。障害や体調不良、留年や休学などが理由で就職に難しさを感じている学生を対象に、オンラインセミナー形式で実施し、230名近くの方にご参加頂きました。

今回CSP事務局(当社)からは、『就職活動前に知っておきたいこと』と社会に出る際の『はたらく選択肢』についてお話をしました。

『就職活動前に知っておきたいこと』では、「就職活動」を採用する企業側の視点で捉え、「就職するとはどういうこと?」、「企業は何を求めているのか」、「どのように自分を伝えるのか」というテーマを通じて、自己理解や心身の安定がはたらき続けるための大前提であることをお伝えしました。

『はたらく選択肢』では、「障害者手帳の取得=障害者雇用枠での就業」ではなく、その他にも訓練や一般枠の選択肢があることをお伝えしました。また、最初の選択がずっと変えられない訳ではなく、自身の状態、希望する働き方、配慮事項を踏まえて、入社後も進路を選択していくことが出来るということをお伝えしました。

85.6%の学生が進路を考えるにあたって「参考になった」と回答

セミナー実施後のアンケートでは、就職活動や今後の進路選択において85.6%の学生が「参考になった」と回答頂き、以下のようなコメントを頂きました。
※セミナー参加者229名(アンケート回答者118名)

【参加者のコメント】

  • 「“私”の視点に加えて、“企業の立場”から就活や就職について理解を深めることができた」
  • 「なによりも自分を知ることが重要であるということが理解できた」
  • 「今までとにかく周りからの評価を気にしており、新卒一発で大手企業に内定をもらうことが全てだと信じて疑わず、一方でそのことに対して無意識にプレッシャーやストレスを感じていたので、自分の中の価値観や考え方を刷新するいい機会になった」

CSP事務局(当社)では、障害のある学生や特性のある学生に向け、大学内のキャリアセミナー等講師も行わせて頂いておりますので、気兼ねなくご相談ください。CSP事務局(当社)は今後もプログラムやセミナーを通じ、コミュニケーションや就職活動に不安を感じている大学生を支援してまいります。