大学教職員・就職課の皆さまへ

コミュニケーション・サポート・プログラム(CSP)は、障害者手帳や診断の有無、学年を問わず参加していただくことができ、自己理解を深め、自分なりのコミュニケーションのコツを探るプログラムです。専門スタッフとの個別面談ではプログラムの振り返りと共に、事前に受検した適性検査のフィードバックを行います。2020年度からは、企業で実際に就業体験ができるCSP Internshipで、自分に合ったはたらくイメージを探る場を提供し、大学教職員の皆様と課題解決に向け伴走します。

CSPを利用した学生の実例

博士課程/女性/発達障害

つまづき・悩み
  • 人間関係でつまづく
  • 集中しすぎる・こだわりが強い
参加プログラム:CSP 1dayCSP 3days
  • 自分の課題を整理
  • 就職活動の相談が出来るようになる
就職:障害者枠 一般職
  • コミュニケーション特性を理解してもらうため、障害者枠ではたらくことを選択
  • 適性のある仕事に気づけた

4年生/男性/診断なし

つまづき・悩み
  • 対人緊張
  • 進路に悩み、体調を崩す
参加プログラム:CSP 1dayCSP 3days
  • 通勤・勤務の体力を確認
  • コミュニケーションのコツとはたらき方の選択肢を理解
就職:一般枠 総合職
  • 専門知識を身に着けて、スペシャリストを目指す
  • 勤務地や柔軟な勤務時間の企業を選ぶことで苦手をカバー

博士課程/女性/発達障害

つまづき・悩み
  • 体調不安定で休学
  • 臨機応変に対応できない
参加プログラム:CSP 1dayCSP 3days
  • 自分の得意な役割(仕事)でチームに貢献
  • 自分の求める働き方を整理
就職:障害者枠 総合職
  • 一般枠・障害者枠の就職活動にチャレンジ
  • 残業に配慮をもらいながら、得意な英語を活かしてはたらく

CSPでは大学教職員の皆さまと一緒に大学生の方が抱える課題解決に向け伴走します。

よくある質問

診断や障害者手帳がなくても参加できますか?
コミュニケーションに課題を感じている大学生以上の方であれば、診断や障害者手帳の有無は問いません。
学生にどのプログラムを紹介したらいいか相談したい。
個別にご相談を承りますので、「支援者用お問い合わせフォーム」からご連絡ください。大学教職員の方と参加学生、弊社スタッフ3者間での事前面談も可能です。お気軽にお問い合わせください。
見学はできますか?
参加学生の同意が得られたプログラムはご見学可能です。事前にお問い合わせください。
開催場所について設備や環境が知りたい。
開催場所については「申し込み・プログラム」のページからご確認ください。
過去にCSPに参加した学生も、再度参加することは可能ですか?
可能です。
インターンシップから参加することは可能ですか?
受講生の適性や配慮点を確認し合ったうえで就業体験に臨んでいただくため、まずはCSP 1dayからご参加いただいております。