定着支援サービス

「人材活用」でお困りの法人の皆様へ

「管理職にノウハウが不足している」「期待通りの仕事をしてもらうにはどうしたらいい?」「採用した方の体調不良が続いている」など、例えばそういった課題に対して、専門のコンサルタントが実際の現場で役立つサポート、解決方法についてアドバイスをさせていただきます。障がいのある社員の方々がいきいきと活躍出来る職場づくりをご支援します。

サービスの概要

雇用ノウハウのある担当コンサルタントが貴社を訪問し、障がいのある方を雇用管理している管理職や人事の方、入社者をサポートをする定着支援サービスです。

特徴

  • 多くの業務を兼務するご担当者様の負担を軽減
  • 特例子会社パーソルチャレンジで培った様々な職場定着のノウハウを活用したケアプログラム
  • 月次の報告書により事業所が離れた場所にあっても状況把握が可能

サービスの内容・流れ

  • STEP 1

    担当コンサルタントが現状を把握して、職場の方が障がい特性を把握できるように、説明を行います。

  • STEP 2

    担当コンサルタントが、定期的に職場への訪問を実施して、管理者の方と一緒に課題への対応策を講じます。

  • STEP 3

    サポート結果については、人事担当者様向けに、月末に報告書を発行します。

事例紹介

障がいのある社員とのコミュニケーションに関する支援事例

課題 障がいのある社員の受入方法が分からずに困っている
支援内容 受け入れ現場の方々が、障がいのある方にどのように関わればよいのか分からない場合もあります。そのようなケースでは以下のご支援を実施します。
  • 理解促進のための説明(障がいの特性理解のための資料作成、一般社員への伝え方のアドバイスなど)についてのご支援
  • 課題に対し、具体的にどのように指導すればよいのかをアドバイス

指導的役割の社員に対する支援事例

課題 障がいのある社員の指導的役割の社員にノウハウが不足している
支援内容 障がいのある社員に、指導的な役割の社員をつける場合が多くあります。
業務指導する立場にある方がどのように指導を行えばいいのかについて、具体的なアドバイスを実施します。

障がいのある社員の業務に関する支援事例

課題 採用した社員に、期待通りの仕事をしてもらうにはどうしたらいいか分からずに困っている
支援内容 採用前に想定していた業務を十分にこなすことができないこともあります。そのような場合、採用者に適した業務内容になるように見直しを行い、採用者が業務遂行、活躍できるようにご支援します。

障がいのある社員のケアに関する支援事例

課題 最近、障がいのある社員の体調不良が増えてきて困っている
支援内容 面談の仕方や管理職として面談の際に聞き取らなければならないポイントなどのアドバイスを行います。また、管理職の方同席のもとで、専門のスタッフが面談を行うこともあります。
実績 金融機関様、システムインテグレーター企業様、レストランサービス会社様、販売会社様