定着支援サービス

障害者と雇用管理者双方への
定着・活躍に向けた支援

雇用ノウハウを持つ専任のコンサルタントが企業を訪問し、業務の管理・指導方法や障害のある社員とのコミュニケーションなどをきめ細かくアドバイス。管理者や人事のご担当者、そして入社者を一人ひとりサポートし、障害のある社員の方々が活躍できる職場づくりをご支援いたします。

定着支援の流れ

受入準備支援

面接実施

アドバイス

受入準備支援

面接実施

アドバイス

定着支援サービスの特長

障害者と雇用管理者
双方への面談実施

「障害のある従業員への関わり方が分からずに困っている」などのお声をよく頂きます。
採用後のギャップを早期に解決するため、雇用管理者からの課題収集を元に、定期的に採用者の面談を行います。
企業で働く障害のある社員が感じている課題と、障害者を取り巻く周囲の理解の問題を、それぞれにアプローチすることで解決してまいります。

雇用管理者向け
アドバイス

受け入れ部署( 現場) の方々が、障害のある社員にどのように関われば良いのか分からない場合もあります。そのような場合、理解促進のためのご支援(障害者理解のための資料作成や、一般従業員への伝え方のアドバイス)を、ご入社された障害者の特性に合わせて実施いたします。また、具体的にどのように指導すれば良いのか、専門のコンサルタントが実際の現場で使用できるノウハウをアドバイスさせていただきます。

自社の高定着率を
サービスに昇華

パーソルグループの特例子会社でもある当社。雇用人数が増加しても定着率を着実にあげてきました。自社で培った雇用管理ノウハウが「定着支援サービス」に活かされています。

  • 障害のある社員の受入方法が分からずに困っている

    受け入れ現場の方々が、障害のある方にどのように関わればよいのか分からない場合もあります。そのようなケースでは以下のご支援を実施します。
    理解促進のための説明(障害の特性理解のための資料作成、一般社員への伝え方のアドバイスなど)についてのご支援課題に対し、具体的にどのように指導すればよいのかをアドバイスいたします。

  • 障害のある社員を指導する社員のノウハウが不足している

    障害のある社員に、指導的な役割の社員をつける場合が多くあります。
    業務指導する立場にある方がどのように指導を行えばいいのかについて、具体的なアドバイスを実施します。

  • 最近、障害のある社員の体調不良が増えてきて困っている

    面談の仕方や管理職として面談の際に聞き取らなければならないポイントなどのアドバイスを行います。また、管理職の方同席のもとで、専門のスタッフが面談を行うこともあります。