ご利用までの流れ・料金について

まずは、利用する就労移行支援センターにご連絡の上、就労相談やセンターの見学にお越しください。ご利用までの流れ、料金などの詳細をご説明します。
就労移行支援サービスのご利用を決めた後は、市役所(区役所)の障がい福祉窓口にて、福祉サービス受給者証の利用申請が必要となります。
その後、契約手続きを経て、トレーニングスタートとなります。

ご利用開始までの流れ

STEP1 センター見学 まずは、お近くの事業所にお電話の上、お越し下さい。個別相談も承ります。 STEP2 利用体験 体験終了後、ご利用について相談させて頂きます。 STEP3 市役所へ 市役所(区役所)の障がい福 祉窓口にて福祉サービス受給者証の利用申請を行います。 STEP 4 契約手続き ご本人様とフロンティアチャレンジで利用に関する契約を締結します。 STEP 5 利用開始 申請後、受給者証発行までの期間は利用前実習としてご利用いただけます。

就労移行支援サービスの全体像

就労移行支援では就労訓練から就職活動支援、就職後の職場定着支援まで一貫したサービスを行っています。また、就職への意欲、イメージを高めるために実習への参加を推奨しています。

就労移行支援サービスの全体像の図

サービスの利用料金について

サービスの利用料金(厚生労働省の定める額)は、全体の1割になりますが、世帯収入に応じて利用者負担上限金額が適応されます。当事業所では9割以上の方がご負担なくご利用いただいております。

1月ごとの利用者負担には上限があります。障害福祉サービスの自己負担は、所得に応じて次の4区分の負担上限月額が設定され、ひと月に利用したサービス量にかかわらず、それ以上の負担は生じません。

区分 世帯の収入状況 負担上限月額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市町村民税非課税世帯(注1) 0円
一般1 市町村民税課税世帯(所得割16万円未満:注2)
※入所施設利用者(20歳以上)、
グループホーム・ケアホーム利用者を除きます。(注3)
9,300円
一般2 上記以外 37,200円

(注1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。
(注2)収入が概ね600万円以下の世帯が対象になります。
(注3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム、ケアホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合、「一般2」となります。

利用対象となる方(65才未満)

  1. ① 身体障がいの方
  2. ② 知的障がいの方
  3. ③ 精神障がいの方
  4. ④ 発達障がいの方
  5. ⑤ 高次脳機能障害の方
  6. ⑥ 難病の方
  7.      

    ※ジョブセンター川口のみ、発達障害専門の支援機関です。