CASE10CASE10

介在価値が感じられ、誇りを持てる仕事だと思います。

キャリア採用 元井 洋子さん

入社年月 2017年7月
所属部署&
チーム名
人材ソリューション本部 
キャリア支援事業部
役職 キャリアアドバイザー

入社のきっかけ

出産を機に、「世の中や人の助けになり、子供に誇りをもって話せる仕事をしたい」と思うようになりました。前職では産後に部署異動となり、15名程の会社の総務部ではたらいていました。組織の役に立つ仕事ではあるものの、何か物足りなさを感じ、以前お世話になった方に相談したところ「キャリアアドバイザーをやってみないか?」とお誘いいただきました。

入社しての感想

障害者雇用の市場を知れば知るほど、エージェントとしての介在価値が高い仕事であると感じました。恥ずかしながら、研修を通して自分自身が正しく障害を理解できていなかったこともわかりました。そして、障害理解が深まるにつれて、当事者の方が障害がありながらも活躍できる場を提案していきたいと思うようになりました。
障害者雇用の特徴は、経験・スキルをアピールするだけでなく、配慮事項などお身体のことを伝えながら進めていく点です。候補者さまの障害やできる業務などを第三者の視点から伝え、企業さまに正しく理解していただき、転職活動が円滑に進んだときはキャリアアドバイザーとしてのやりがいを実感できます。

これから取り組んでいきたいこと

私たちの組織では、「自分自身がどんなことをしたいか」を尊重してくれる文化があります。また、中途入社も多いため風通しが良く、意見を言いやすい環境です。
これまでは、聴覚障害の理解を深めるプロジェクトなど複数の案件を掛け持ちながら、自分の担当した方をしっかりとご支援していくことに集中してきました。自分自身へのインプットに割く時間が多かったように感じているので、今後はチーム全体の底上げにも貢献していきたいです。自分がこれまでに得たナレッジ共有をして、一人でも多くの方のご支援につなげていきたいと考えています。

キャリアサマリー

入社~2年目
人材紹介事業部のキャリアアドバイザーとして、身体障害のある方へのキャリアカウンセリング、求人紹介等に従事。
3年目~現在
キャリアアドバイザーとしてより深く候補者さまと向き合えるよう、さまざまなプロジェクトに参加。障害理解を深めて周囲にナレッジ共有を行うほか、新しく仲間となったキャリアアドバイザーの教育も担当。