ジョブサポーターのやりがいとは?

障害のある方の就労移行支援と聞いて、あなたはどのようなイメージを思い浮かべますか。
ジョブサポーターの仕事は一言でいうと"利用者さんの就労に向けた準備のお手伝いをする"こと。
日々の生活からビジネスマナーや仕事の進め方など、自分の経験を幅広く活かしながら、障害のある方と一緒に就労とその先の定着や活躍に向けた基盤づくりをサポートしていきます。

COMMENT

前職はプログラマーです。
人と深く関わることができる仕事に魅力を感じ転職をしました。
今までなかった人との出会いがあることが、この仕事の好きなところです。
また、未経験であっても、先輩や同僚に気軽に相談でき、不安なく仕事ができています。
就労移行支援所に通っている利用者さんが、前を向いて変わっていく瞬間を間近で感じ、共に成長していける環境がここにはあります。