2022年

2022.04.06メディア掲載

日経MJにて「LGBT当事者×障害者のための転職・就職支援サービス」が紹介されました

日経MJ(2022年4月6日発刊)にて、当社のLGBT当事者かつ障害のある方向け転職・就職支援サービスが紹介されました。

「LGBT当事者×障害者のための転職・就職支援サービス」は、障害による配慮だけでなくジェンダー・アイデンティティやセクシュアリティに起因した不安や悩みを抱えた方に対し、専任のキャリアアドバイザーが、キャリアプラン設計や求人情報のご紹介などの支援を通じて、転職・就職上の不安を一緒に解決しています。現在までに600名以上の方にご登録いただいており、当事者がはたらきやすい環境づくりに取り組んでいるLGBTフレンドリー企業への就職決定事例も多く生まれています。

記事では、当事者のニーズに応え、悩みに寄り添い、きめ細やかに配慮するサービスが増える中、障害のある当事者へはたらきやすい企業を紹介する職業紹介サービスとして紹介されています。サービスを利用した方の声や、職場で当事者が感じる心理的な負担なども紹介されています。

パーソルチャレンジでは本サービスの提供に加え、LGBT当事者に共感し、寄り添いたいと願う「アライ(Ally)」(※)のコミュニティである「P-Rainbow」を中心に、社内における周知や啓蒙活動を行っています。当事者社員や外部ゲストを招いた社内イベントや社外講演への登壇、制度の整備など、安心してはたらけるための仕組みや環境づくりに取り組んでいます。その結果、LGBTに関する取組評価指標「PRIDE指標2021」において、2年連続となる「ゴールド」を受賞しています。
※: アライ(Ally):LGBT当事者への理解・支援を表明する人たちのこと

パーソルチャレンジは今後も本サービスを通じて、当事者の悩みに寄り添い、障害にもセクシュアリティにも理解のある環境で自信をもってはたらき、ご活躍頂けるよう、ご支援してまいります。

■掲載記事(外部サイトへ遷移します)

日経MJ(日経電子版)へ ※全文閲覧には読者会員登録が必要です

■関連リンク

LGBT当事者かつ障害のある方向け転職・就職支援サービス(dodaチャレンジのサイトへ)

パーソルチャレンジ、LGBTに関する取り組み指標「PRIDE指標2021」において2年連続で「ゴールド」を受賞(ニュースリリース)[PDF]

性的マイノリティに関する方針ステートメント「私たちパーソルチャレンジの約束」

■本リリースに関するお問い合わせ先

パーソルチャレンジ株式会社 広報窓口
E-mail:inquiry@persol.co.jp
※折り返しの対応となりますため、メールでのお問合せをお願いいたします。