2022年

2022.02.07メディア掲載

読売新聞 西部本社版にてNeuro Dive 福岡が紹介されました

2月6日発行の読売新聞西部本社版 朝刊「くらし」欄にて、当社が運営する先端IT特化型就労移行支援事業所「Neuro Dive 福岡」が紹介されました。発達障害者のIT分野での就労を支援する動きが広がっている中、福岡でIT領域での就職を目指す障害者を支援する事業所として取り上げられています。

記事では、IT領域における発達障害者の活躍可能性について、Neuro Dive 福岡センター長の朴井から「曖昧さが苦手な一方、こだわりの強さなどの特性があり、その特性を強みとして伸ばすことで、スペシャリストとして活躍できる可能性がある」と説明しています。また、実際にNeuro Dive 福岡に通う利用者のうち、マーケティング関連の仕事を目指してデータ収集・分析の知識や技術を学んでいる方も紹介されています。

Neuro Dive 福岡は、福岡で先端ITに特化した就労移行支援事業所として、2021年12月1日に開所しました。先端IT領域に精通したテクニカルスタッフと、障害ある方の就職支援に精通した就労支援員を配置し、一人ひとりの特性や意向に合わせた学習計画を基にした訓練や就業実習を通し、AIやデータサイエンス、デジタルマーケティングなどの職種への就業・活躍を支援しています。

パーソルチャレンジは今後もNeuro Diveを通じて、先端IT領域における障害者の新たな職域拡大・活躍機会の創出に貢献し、障害者個人と企業双方の課題解決を目指します。

■関連リンク

先端IT特化型就労移行支援事業所Neuro Dive

Neuro Dive 福岡開所について(ニュースリリース)(PDF)

■本リリースに関するお問い合わせ先

パーソルチャレンジ株式会社 広報窓口
E-mail:inquiry@persol.co.jp
※折り返しの対応となりますため、メールでのお問合せをお願いいたします。