2021年

2021.11.02ニュースリリース

先端IT特化型就労移行支援事業所「Neuro Dive」、3拠点目を福岡に12月1日開所

総合人材サービスのパーソルホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:和田 孝雄)傘下で障害者雇用支援事業を手掛けるパーソルチャレンジ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:井上 雅博、以下パーソルチャレンジ)は、先端IT特化型就労移行支援事業所「Neuro Dive(ニューロ ダイブ)」の3拠点目となる「Neuro Dive 福岡」(福岡県福岡市)を2021年12月1日(水)に開所します。

Neuro Diveは、先端IT特化型就労移行支援事業所として2019年11月に秋葉原へ開所、2021年7月には横浜に開所し、障害のある方の先端IT領域への職域拡大・就労を支援してきました。現在までに、大手企業のAI、データサイエンス、デジタルマーケティングなどの職種への就職者を輩出しています。

パーソルチャレンジは今後も、「Neuro Dive」を通じて、先端IT領域における障害者の新たな職域拡大・活躍機会の創出に貢献し、障害者個人と企業双方の課題解決を目指します。

詳細はニュースリリースをご覧ください。

【News Release】障害ある方が「AI・機械学習」「データサイエンス」などを学べる先端IT特化型就労移行支援事業所「Neuro Dive」、“九州初”となる福岡に3拠点目を開設[PDF]

※11月6日より、施設概要や講座、利用から就職、継続した就労定着までのサポートなどをお伝えするWeb説明会を実施いたします。
説明会の概要や受付可能なスケジュールはNeuro Diveのサイトにて順次、お知らせいたしますので、参加ご希望の方はNeuro Diveサイトをご覧ください。

■関連リンク

先端IT特化型就労移行支援事業所Neuro Dive

■本リリースに関するお問い合わせ先

パーソルチャレンジ株式会社 広報窓口
E-mail:inquiry@persol.co.jp
※折り返しの対応となりますため、メールでのお問合せをお願いいたします。