2021年

2021.09.08ニュースリリース

「障害者のはたらく幸せ」調査結果を発表

パーソルチャレンジは、障害者の「はたらく」の在り方や考え方、今後の障害者雇用施策のヒントを考えるため、障害者のはたらく幸せについての調査を2021年8月10日~8月13日に実施し、結果を発表しました。

【調査概要】

実施期間 2021年8月10日~8月13日
実施対象 dodaチャレンジに登録している全国の障害のある男女で、現在就業中の方
有効回答数 471

【主な調査結果】

  • ・73.2%の障害者が、はたらくことを通じて幸せを実感。
  • ・幸せを実感するのは「新たな学びや成長」(58.2%)、「体力的・精神的な安定」(55.0%)、「仕事への前向きな意味や、自分の役割を能動的に担えている」(46.1%)とき。
  • ・幸せを実感できない、不満や不安を感じるのは「体力的・精神的に不安定な状態」(52.9%)、「周囲の関心や評価・評判が得られない」(43.5%)、「仕事や、自分の役割への意義が見いだせない」(40.1%)とき。
  • ・現在転職活動中の障害者では、幸せを感じられないときの回答として「周囲からの(自分や仕事への)関心や、高い評価・評判が得られない」(54.0%)が最多で、「体力的・精神的な不安定さ」が2番目に高く(51.7%)、「障害や特性に対する周囲の理解が得られない」が続く。

詳細はニュースリリースをご覧ください。

【News Release】パーソルチャレンジ「障害者のはたらく幸せ」調査結果を発表[PDF]

■本リリースに関するお問い合わせ先

パーソルチャレンジ株式会社 広報窓口
E-mail:inquiry@persol.co.jp
※折り返しの対応となりますため、メールでのお問合せをお願いいたします。