2020年

2020.10.22ニュースリリース

障害者×AIによる障害者の生産性向上や職域拡張のための実証実験を3社共同で開始

総合人材サービス、パーソルグループで障害者雇用支援事業を手掛けるパーソルチャレンジ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:井上 雅博)、新規事業創出・オープンイノベーション推進を手掛けるパーソルイノベーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 広敏)、経理業務特化型AIを提供するファーストアカウンティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森 啓太郎)は、障害者の活躍推進を目指し、3社共同で「障害者×AIによる障害者の生産性向上や職域拡張のための実証実験」を開始しました。

パーソルチャレンジで障害のある社員が従事する経費精算業務へのAI技術導入によって、業務自動化や30%の業務工数削減を図り、障害者の職域拡張や、より高度な業務への従事を目指します。

詳細はニュースリリースをご覧ください。

【News Release】パーソルチャレンジ、パーソルイノベーション、ファーストアカウンティング「障害者×AI による障害者の生産性向上や職域拡張のための実証実験」を3 社共同で開始[PDF]

■本リリースに関するお問い合わせ先

パーソルチャレンジ株式会社 広報窓口
E-mail:inquiry@persol.co.jp
※折り返しの対応となりますため、メールでのお問合せをお願いいたします。