2019年

2019.10.31ニュースリリース

神奈川県『公募型 ロボット実証実験支援事業』採択 生活支援ロボットの実証実験に参加します

パーソルチャレンジ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 井上 雅博)は、神奈川県が取り組む『令和元年度 公募型ロボット実証実験支援事業』に採択された生活支援ロボットの実証実験「人手不足を解決!誰でも簡単に操作可能なAI清掃ロボット」に参加します。

公募型ロボット実証実験支援事業は神奈川県が取り組む「さがみロボット産業特区」の一環です。生活支援ロボットの実用化を通じた地域の安全・安心の実現を目指し、企業などの生活支援ロボットの実証実験を全国から募集し、支援しています。
今年度は12案件が採択されましたが、その中で今回、当社が参加する「人手不足を解決!誰でも簡単に操作可能なAI清掃ロボット」の実証実験が行われることとなりました。

今回の実証実験では、ソフトバンクロボティクス株式会社のAI清掃ロボット「Whiz」を活用し、事前準備から自律清掃、片付けまでの一連の清掃作業を当社で働く障害のある社員が行い、適切に使用できるかを検証します。

■実証実験の概要

日時 2019年11月1日(金)から12月27日(金)
(毎週水・金曜日に実施)
場所 パーソルチャレンジ株式会社 横浜オフィス
(横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア7階)
内容 当社で働く障害のあるスタッフ7名を対象に本機を使用してもらいます。本機の事前準備、自律清掃、片付けまでを一連の流れで体験してもらい適切に使用できるか、また、アンケート調査により使い勝手等を検証します。
ロボットの概要 AIを搭載した自動清掃ロボット。清掃したいルートを一度手押しで走行し記録することで、2回目以降はボタン一つで記録したルートの清掃ができます。
各種センサーによって、人や障害物を検知し、回避しながら清掃ができます。

ソフトバンクロボティクス株式会社 AI清掃ロボット「Whiz」

当社はパーソルグループの特例子会社として「仕事を通してお客様やチームに貢献する」こと、「生産性を高める」ことを目指し、オフィスワークでの障害者雇用における先駆的な取り組みと改善、マネジメントを行い、多くのノウハウを蓄積してきました。
今回の取り組みを通じて、障害者とロボ(テクノロジー)の共生による障害者の新たな職域創造、および障害者の生産性向上のための検証を行ってまいります。

■関連リンク

神奈川県記者発表資料「令和元年度「公募型『ロボット実証実験支援事業』」採択案件を決定しました!!」(神奈川県のサイトへ)

本件に関するお問い合わせ先

企業名:パーソルチャレンジ株式会社
コーポレート本部 経営企画部
TEL:03-6385-7370
E-mail:inquiry@persol.co.jp