2019年

2019.01.04イベント・セミナー

厚生労働省主催「障害者雇用の最新トレンド」セミナー開催のご案内

パーソルチャレンジは、今年度厚生労働省より「障害者のサテライトオフィス勤務導入推進事業」を受託いたしました。
本事業の一環として「障害者雇用の最新トレンド~障害者の在宅・サテライトオフィス雇用の可能性とはじめかた~」と題したセミナーを、東京・横浜で計3回[東京:2/13(水)、横浜:2/21(木)、東京:3/5(火)]に渡り開催いたします。
ゲストスピーカーに障害者雇用・テレワークの有識者をお招きし、テレワークを活用した障害者雇用拡大の可能性についてお話いただくとともに、本事業の報告、パネルディスカッションなどを開催いたします。
参加費無料・事前のお申込みが必要です。皆様のご来場をお待ちしております。

■出演者プロフィール(順不同)

中島 隆信氏 【慶應義塾大学 商学部 教授】
専門は応用経済学。これまで経済学の思考法をさまざまな分野に応用し、新たな視点を提示する多くの著作を発表している。
障害者を含めたすべての人が生きやすい社会のあり方を提言した著作『障害者の経済学』(2006年、東洋経済新報社)は、日経・経済図書文化賞を受賞。


近藤 武夫氏 【東京大学先端科学技術研究センター 准教授】
多様な障害のある人々を対象に、教育や雇用の場面での支援に役立つテクノロジー活用や合理的配慮、修学・雇用制度のあり方に関する研究を行っている。
雇用の研究では多様な障害のある人を通常の職場にインクルージョンし、ともに働くことを実現する超短時間雇用モデルを、自治体や企業との連携で展開している。
著書に「学校でのICT利用による読み書き支援: 合理的配慮のための具体的な実践(2016年,編著,金子書房)」など。


水之浦 啓介氏 【野村総合研究所(NRI)コンサルティング事業本部 社会システムコンサルティング部公共経営グループ 上級研究員】
専門は、社会システムとしての人材、障害・高齢者・外国人雇用、人事制度改革支援など。
論文に「企業価値を高める障がい者雇用のあり方」、「障がい者雇用から学ぶ、働き方改革へのヒント」など。経済同友会 年次セミナー2018パネリスト。


名武 和代氏 【野村総合研究所(NRI)コンサルティング事業本部 社会システムコンサルティング部 主任研究員】
専門は、教育・人材育成関連業務・地域産業政策、地方創生関連業務など。
実績業務として、「ダイバーシティ課題解決型サービス・働き方支援に関する調査研究(経済産業省)」、「地方創生インターンシップ推進に係るマニュアル作成等に関する調査(内閣官房)」など。


田澤 由利氏 【株式会社テレワークマネジメント 代表取締役】
企業へのテレワーク導入支援、国や自治体のテレワーク普及事業を実施するほか、講演やSNS 等で広く情報を発信。平成28 年度「テレワーク推進企業厚生労働大臣表彰(輝くテレワーク賞)」を受賞。


大田 久光氏 【株式会社 テクノプロ・スマイル 代表取締役】
「障害者のサテライトオフィス勤務導入推進事業」モデル企業の一社として東京会場1日目(2/13 水)のパネルディスカッションにご登壇いただきます。


井上 雅博【パーソルチャレンジ株式会社 代表取締役】
パーソルホールディングス株式会社 障がい者雇用推進責任者/パーソルチャレンジ株式会社 代表取締役
2000年にパーソルキャリアへ組織開発本部の人事責任者として入社。様々な人事施策を推進。その後、2008年1月に特例子会社を設立。現在は、パーソルホールディングス(株)人事本部にて、グループの障がい者雇用促進全般の責任者。


大濱 徹【パーソルチャレンジ株式会社 経営企画部 ゼネラルマネジャー】
パーソルキャリアへ入社後、障害者の人材紹介サービス「dodaチャレンジ」に参画。2013年より、同サービスの責任者。のべ1,500社以上の採用支援と雇用アドバイザリー業務に従事。現在は、パーソルグループで障害者雇用支援事業を展開する、パーソルチャレンジの事業企画やマーケティング業務を担当。


■セミナー概要

セミナータイトル 障害者雇用の最新トレンド
~障害者の在宅・サテライトオフィス雇用の可能性とはじめかた~
日時 第1回 東京:2月13日(水)14:00~16:30
第2回 横浜:2月21日(木)14:00~16:30
第3回 東京:3月5日(火)14:00~16:30
※日程により、内容・登壇者が異なります。詳細は下記詳細をご覧ください。
会場 ■東京会場(第1回/第3回)
コンファレンススクエア M+ 10F「グランド」(JR東京駅 丸の内南口 徒歩2分)

■横浜会場(第2回)
TKPガーデンシティ横浜 2F ホールB(各線横浜駅 きた東口A 徒歩5分 )

参加費 無料 ※事前のお申し込みが必要です。
定員 各回100名 ※事前のお申し込みが必要です。
お申し込み方法 下記フォームよりお申込みください。
※定員になり次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申込ください。

■開催プログラム

第1回:2月13日(水)東京会場
あいさつ 厚生労働省 挨拶
セミナー 【1】「雇用のユニバーサルデザイン」近藤 武夫氏
テレワークはもちろん、その他のICT活用によりどのような雇用参加が可能となるのか。多様な雇用参加を前提として、社会の仕組みや地域システムの必要性と、現行制度の不一致についてお話いただきます。
【2】「社会的潮流変化と障害者雇用の新たな可能性が企業経営にもたらす効果について」水之浦 啓介氏
プロジェクト報告 「障害者のサテライトオフィス勤務導入推進事業」プロジェクト報告
大濱 徹(パーソルチャレンジ 経営企画部 部長)
パネルディスカッション 【テーマ】障害者雇用の多様化
~働く時間・場所・仕事の多様化とテクノロジーの可能性検討~

<パネリスト>近藤 武夫氏/水之浦 啓介氏/大田 久光氏/井上 雅博
<ファシリテーター>大濱 徹
第2回:2月21日(木)横浜会場
あいさつ 厚生労働省 挨拶
セミナー 【1】「障害者雇用が示す『働き方改革』の方向性」中島 隆信氏
「障害者は社会を映す鏡」という独自の視点から、企業の障害者雇用の問題点やその解決の方向性を紹介します。
著書「障害者の経済学」 の内容も交えながら、障害者の活躍が社会と企業経営に与える効果を解説。障害者雇用から学ぶ「働き方改革」 についてお話しいただきます。
【2】「技術が変革させる障害者の新しい働き方」名武 和代氏
プロジェクト報告 「障害者のサテライトオフィス勤務導入推進事業」プロジェクト報告
大濱 徹(パーソルチャレンジ 経営企画部 部長)
パネルディスカッション 【テーマ】障害者雇用から学ぶ「働き方改革」とは
<パネリスト>中島 隆信氏/田澤 由利氏/名武 和代氏
<ファシリテーター>大濱 徹
第3回:3月5日(火)東京会場
あいさつ 厚生労働省 挨拶
セミナー 【1】「障害者雇用が示す『働き方改革』の方向性」中島 隆信氏
「障害者は社会を映す鏡」という独自の視点から、企業の障害者雇用の問題点やその解決の方向性を紹介します。
著書「障害者の経済学」 の内容も交えながら、障害者の活躍が社会と企業経営に与える効果を解説。障害者雇用から学ぶ「働き方改革」 についてお話しいただきます。
【2】「社会的潮流変化と障害者雇用の新たな可能性が企業経営にもたらす効果について」水之浦 啓介氏
プロジェクト報告 「障害者のサテライトオフィス勤務導入推進事業」プロジェクト報告
大濱 徹(パーソルチャレンジ 経営企画部 部長)
パネルディスカッション 【テーマ】障害者雇用から学ぶ「働き方改革」とは
<パネリスト>中島 隆信氏/田澤 由利氏/水之浦 啓介氏
<ファシリテーター>大濱 徹

■セミナーリーフレット

「障害者雇用の最新トレンド」セミナーリーフレットダウンロード(PDF)

■関連リンク

「障害者のサテライトオフィス勤務導入推進事業」を厚労省から受託いたしました。

本件に関するお問い合わせ先

パーソルチャレンジ株式会社 経営企画部
TEL:03-6385-7370 ※9:00~18:00(土日祝を除く)
E-mail:PCH-kokyo@persol.co.jp