2018年

2018.09.20ニュースリリース

第7回 日本HRチャレンジ大賞奨励賞 「精神障がいのトータルマネジメント手法」授与式が行われました

パーソルチャレンジ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 井上 雅博)は、「第7回日本HRチャレンジ大賞」(後援:厚生労働省、株式会社東洋経済新報社、株式会社ビジネスパブリッシング、ProFuture株式会社)において、「精神障がい者の雇用の取り組みから考える多様性と生産性を実現するトータルマネジメント手法」が奨励賞を受賞し、2018年9月19日に授与式が行われました。

また9月20日に行われたHRサミットの講演「精神障がいの特性を知り、生産性を上げるマネジメント」にて、この雇用管理手法の内容を実例を用いて紹介いたしました。

総合人材サービスのパーソルホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:水田 正道)よりプレスリリースを配信しておりますので、詳細は下記をご確認ください。

「精神障害者の雇用の取り組みから考える多様性と生産性を実現するトータルマネジメント手法」が「第7回 日本HRチャレンジ大賞」奨励賞を受賞(パーソルホールディングス株式会社のプレスリリースへ)

■関連リンク

第7回 HRチャレンジ大賞 受賞企業(日本HRチャレンジ大賞のサイトへ)

本件に関するお問い合わせ先

企業名:パーソルチャレンジ株式会社
担当者名:大濱 徹
TEL:03-6385-7370
E-mail:inquiry@persol.co.jp