2017年

2017.11.22メディア掲載

「障害者雇用促進セミナー」での当社講演の様子が、毎日新聞に掲載されました。(仙台)

2017年11月9日(木)に開催された宮城県仙台市主催の「障害者雇用促進セミナー」で、定着支援をテーマに、当社受託サービス事業部仙台グループの瀬川 由美が行った講演について取り上げられました。

■セミナー概要

本セミナーは仙台市が主催し「宮城県内の企業における障害者雇用の取組み事例を紹介し雇用機会に繋げる」という目的で開催しています。
宮城県内では障害者雇用、特に事務職への就業機会が少ないうえに、就業しても1年以内での離職者が多く、雇用の場の確保・拡大とともに長く働き続けられる環境の整備が課題となっています。
そこで、パーソルグループの事務業務や広告制作等を担う受託サービス事業部での定着支援や不安要因の把握と分析への取組みについて紹介しました。また「採用時に重視する点」「支援機関との連携効果」についても事例を踏まえ紹介し、就業中のメンバーとのパネルディスカッションを実施しました。
当日は公的機関、企業担当者、就労支援機関関係者を中心に85名の方が参加し、うれしいご感想もいただけました。

■ご参加者様の感想を一部紹介します。

・「普段なかなか聞くことができない就業メンバーの本音トークが聞けて良かった」
・「取組み事例や雇用の現状を聞き、貴重な体験や気づきを得られた」
・「もっと話を聞きたい、時間が足りない」
などの感想が寄せられたほか、
・「宮城県内にも障害者雇用に積極的に取組み、現状に満足せず、より高みを目指し努力する企業が現れてくれた」
など、期待の声も寄せられました。


セミナー当日の様子

■毎日新聞の記事は下記ページをご覧ください。

障害者雇用促進セミナー 80人が参加 仙台/宮城(毎日新聞のサイトへ遷移します)

パーソルチャレンジ仙台グループでは、今後も様々な挑戦と検証を繰返し、取組み事例の紹介を通して東北の障害者雇用の機会提供に貢献していきたいと考えています。

本件に関するお問い合わせ先

企業名:パーソルチャレンジ株式会社
担当者名:大濱 徹
TEL:03-6385-6142
E-mail:inquiry@persol.co.jp