2017年

2017.07.31トピックス

障がい者の雇用機会を創出する「クラウド型名刺管理サービス」の外販の裏話

(2017年7月12日:パーソルホールディングスグループ経営戦略本部 広報室 取材)

パーソルチャレンジは、パーソルプロセス&テクノロジーと共に開発し運用してきた「クラウド型名刺管理システム」を用いたサービスの外販を開始しました。販売開始に際して、今回のサービス概要や背景、意気込みなどを、パーソルチャレンジ人材紹介事業部 ゼネラルマネージャー有本と、同社受託サービス事業部 受託開発グループ マネージャーで、本サービスの立ち上げから携わってきた鈴木から話を聞きました。

「クラウド型名刺管理サービス」発売に関するプレスリリースはこちら(パーソルグループのサイトへ)

向かって右から、有本、鈴木

■サービスの概要と、その背景

有本:
今回の販売サービスは、2015年にパーソルグループが独自開発しグループ社員に提供してきた「名刺管理サービス」がベースとなっています。これは、社員がスマートフォンで撮影した名刺データをスキャンし、データベースに構築するシステムです。そのデータ入力作業を、当社に所属する障がいのある社員が代行しています。

対象となるお客さまの多くは、まだ障がい者を十分雇用できていない企業さまを想定しています。

現在、民間企業における障がい者の法定雇用率は2.0%ですが、期限付きの経過措置があるものの、2018年4月からは2.3%への引き上げが決定しています。一方で、民間企業における法定雇用率達成の割合は48.8%、障がい者の実雇用率も1.92%と、法定雇用率の2.0%には届いておらず、障がい者の人材獲得と雇用機会の創出は喫緊の課題となっています。ただ、障がいのある方の就業では、職場におけるマネジメントが重要になってくるため、そのノウハウがなく二の足を踏む企業さまも多いのが実情です。

単純にシステムをご案内するだけではなく、自社での運営を通じて培ったノウハウを用いて、障がい者の採用から定着、自社内での組織立ち上げまで一貫して支援できるところがパーソルグループの強みです。

鈴木:
私は、運用開始当初からこのサービスに関わってきましたが、安定的に運用できるようにいくつか工夫してきたことがあります。第一に、作業を行うワーカーのユーザビリティにこだわったシステムをパーソルプロセス&テクノロジーと開発したこと。対応する社員の障がい特性をふまえて、「1項目につき1つの情報を入力すること」や「画面遷移は極力せずに、1ページで作業完結できること」、「作業段階ごとに背景の色を変えること」など、開発時に考慮していただいています。また第二に、ルールを複雑化せずに、予期せぬことが起こったときの対処方法含めて業務マニュアルに落としたこと。インプットやアウトプットの時間を固定化するなど、コミュニケーションのルールも決めています。こういった工夫を重ねることで、作業を行う社員の定着率はほぼ100%を維持し続けています。こうした運用から培ったノウハウと定着効果をもとに、満を持して外販へ、となりました。

■サービス販売にあたっての意気込みは?

有本:
当社での運用を通じた雇用ノウハウと、構築された業務設計には自信を持っています。その知見を活かして、長く、安定して心身共に健康に働ける職場づくりを広げていきたいというのが、根本にある想いです。また、パーソルグループ内の他の会社の皆さんとの協業を通じて提案からサービス提供していくのは今回の商品が初めての経験です。システムをつくったパーソルプロセス&テクノロジーやグループ営業本部、当社受託サービス事業部の方と議論を重ねながら形にし、個社だけでは成し得なかったインパクトのあるサービスが生まれたと思っています。まずは1件の受注と、複合的な効果をお客さまに実感していただくことを目指して、このサービスを育てていきたいと思っています。

鈴木:
障がいというものは、育児や介護と同じように働く上での制約の1つだと考えています。働く上での制約を持つ人でも、問題なく働ける仕組みや組織づくりを実現したいという強い想いがあります。今回、自社での運用を通じて、障がいがあったとしても、組織や環境など本人以外のところで解決できるという手ごたえを実際に感じています。例えば、今まで健康面で不安定だった方が、仕事を通じて自信をつけ、寛解へ向かっていたりもするのですよ。

これまで大変なこともありましたが、このサービスが世の中に出てくれれば報われる!という気持ちでやってきました。企業さまには、このサービスを使って制約ある社員の雇用に積極的になってもらいたい。その結果、多様な働き方が実現できる環境づくりを進めていただくことで、1人でも多くの働くことに躊躇されている方々に働く自信をつけていただけたら嬉しいです。

■本サービスに関するお問い合わせ先:

「クラウド型名刺管理サービス」営業担当(パーソルプロセス&テクノロジー)

E-mail:marketing-ppt@persol.co.jp