職業準備性とは

職種や障害を問わず、働く上で必要とされるものを身につけ、準備すること。働くことについての知識理解・生活習慣・作業遂行の基本的な能力・対人関係のコミュニケーションスキルなど基礎的な能力、体力、労働習慣を身につけることが求められる。

障害者雇用では、就職希望者が自らの障害を理解、受容しているか(「障害理解」と「障害受容」)が職業準備性の重要な指標であり、安定的な就業が可能かを判断する基準となる。

障害者雇用に関する用語集