障害者雇用促進法とは

正式名称は「障害者の雇用の促進等に関する法律」。雇用分野に特化した法律で、障害者の雇用促進のため、事業主に対する措置・障害者に対する措置の双方を定め、障害者の職業の安定を図ることを目的としている。

合理的配慮の提供においては、国や自治体も民間事業主も”法的”義務を負う、としており、障害者の採用時には必ず必要な配慮について確認し、雇用時にその配慮を行う義務がある。

障害者雇用促進法の関連用語

障害者雇用促進法の関連リンク

障害者雇用促進法の関連資料(PDFダウンロード)

障害者雇用に関する用語集