合理的配慮

合理的配慮に関する記事

障害者の定着や活躍、雇用拡大のためには、障害者雇用に向けた人事評価制度を整備して、多様な障害者に適切...

てんかんのある人の雇用、定着のために企業側が知っておくべきことをまとめました。てんかんの症状や発作、...

聴覚障害は単に「言葉が聞こえない」障害ではなく、聞こえの程度やコミュニケーション方法に個人差がありま...

障害者の職場適応や定着のためには、配属先で同僚となる社員の理解と協力が欠かせません。日々の接し方や問...

企業で雇用されている障害者の給与データや、賃金体系における一般雇用者との考え方の違い、当社の事例など...

障害者への差別は法律によって禁止されています。職場での差別がトラブルや離職に発展しないために、企業側...

障害者雇用促進法は、雇用に取り組む意義と企業が守るべき義務が定められています。企業側の義務とは何か?...

知的障害者の雇用を検討する際、どのような点に気をつけるべきなのでしょうか。今回は、知的障害の特徴や雇...

HIV感染症は早期発見と適切な治療でコントロールできる病気であり、一般雇用者と同じく就労し、活躍すること...

障害者雇用では、合理的配慮の提供は法的義務として定められています。合理的配慮とは具体的にどのようなも...

発達障害者の雇用が増加する一方、採用や定着への課題を抱える企業も増えています。発達障害の特性から企業...

視覚障害は、身体障害の中では雇用が進んでいない障害の一つで、何ができるのか分からない、デスクワークが...

精神障害は、2018年より法定雇用率引き上げとともに障害者雇用義務対象として加えられたことから企業での雇...