【特集】
障害者のテレワーク雇用
まるわかり

一般労働市場でテレワークが普及する中、障害者雇用領域においても、法定雇用率引き上げに伴う雇用拡大のみならず、定着・活躍のための「はたらき方の柔軟性」として導入・確立していくことが期待されます。

一方で、「障害者にテレワークは無理」「テレワークではたらけるのは身体障害者のみ」「就業中のマネジメントや、問題が発生したときに対処できない」という先入観から、導入に踏み切れない企業があることも、また実情のようです。

そこで、チャレンジラボでは、

  • テレワークに対する不安や課題への対処方法
  • テレワークの業務創出方法
  • テレワークではたらく人材の採用手法
  • マネジメント方法や改善ポイント

について、当社のノウハウや、テレワークによる障害者雇用推進支援を行う専門家の インタビューを通じて、各記事で詳しく紹介しています。

本特集が、新たな「はたらき方の柔軟性」を獲得し、本質的なダイバーシティ経営に向けた検討のヒントになると幸いです。

『障害者のテレワーク雇用』が
テーマの記事一覧

【書籍のご案内】

障害者雇用は経営課題だった!
テレワーク雇用導入ではたらく人材が変わる・はたらき方が変わる

著者:
パーソルチャレンジ Knowledge Development Project
   
株式会社テレワークマネジメント 障がい者雇用事業部

テレワーク専門コンサルティング会社である株式会社テレワークマネジメントとの共著。障害者のテレワーク雇用導入・活用における課題を経営視点から捉え、解決のためのポイントや成功事例をくわしく解説しています。

■主な内容

  • 新型コロナ対策 対応できた企業とできなかった企業
  • 障害者のテレワーク導入を阻害する「5つの思い込み」
  • 経営者が考える「当たり前のはたらき方」はもう古い?
  • 「テレワークを導入しようにも仕事がない」とは限らない?
  • テレワーク雇用導入の成功事例 - 事業生産性向上、離職率低減、雇用コスト削減、BCP実現、など
  • 自社の経営課題解決と障害者のテレワーク雇用を実現するために

■希望小売価格:
電子書籍版 1,000円(税別)/
印刷書籍版 1,000円(税別)