「ブルーマンデー」月曜の憂鬱を安心感に変えるには

精神障害の社員が多く働く当社では、日々さまざまなことが起きています。社員の悩みや課題に向き合う、「田町のジョブコーチ」が障害者雇用の日常、また、課題にどう向き合っているか紹介します。2回目は「月曜日の不安・憂鬱」についてです。

「何から手を付ければいいのか・・・」が引き起こす憂鬱

突然ですが、「ブルーマンデー(症候群)」という言葉、ご存知ですか?

最近たまに目や耳にする言葉で、会社員のみなさんなら、一度は経験したことがある、日曜の夜あたり、翌日月曜からの出社を考えるとユウウツになる、あれです。
精神障害の社員が多い当社の場合、この「ブルーマンデー」に悩む社員が多いと言いますか、その度合いが深刻と言いますか、月曜の欠勤・遅刻が通常より増えるという傾向がよく見られます。

理由はさまざま。単純に「仕事に行きたくない・したくない…」だけではありません。月曜日からのことを考えると、目が冴えて眠れず、眠っても中途覚醒を繰り返して睡眠不足で朝起きられない。満員の通勤電車を考えると体が動かない。また、土曜の夜から翌週の仕事のことを考え、自律神経を乱してなのか、発熱して出勤できない社員もいます。

十人十色の理由で多いのが「月曜日、何から手を付けてよいか分からない」「1週間の見通しが立たない」です。特に発達障害の方に多い印象で、彼らの特性に「やるべきことの優先順位をつけるのが苦手」というものがあります。その特性が「月曜日、何から手をつけてよいか分からない」という症状で出ているのでしょう。

では、優先順位が付けられないとはどういうことか。
ある発達障害の社員に聞きました。すると「頭の中にやるべきことがぐるぐるしている。でもその重要度はどれも最重要課題だし、優先度もどれも最優先。それが出口に向かって一斉に押し合いへし合いしている状態」ということでした。
なるほど、確かにそんな状態なら何からやれば分からなくなるよな、と思いました。

やるべきことや不安、優先順位を「見える化」する

やるべきことがたくさんあって優先順位がつけられないという悩みを持つ社員に対してアドバイスしていることがあります。それは、まずやるべきこととその納期を紙に書き出すこと。 すると「紙に書いたことでぐるぐるしていた動きが止まって、何からやればいいか順番が付けられるようになった」とホッとした表情を見せる社員がいました。

さらに、木曜や金曜などの週の後半決まった時間(例えば16時半から30分)に1対1の面談をして、A4の紙に「今週やったこと」「今週やったことの中のトピックス」「来週やること」「いま不安に感じること」を箇条書きで書いて持ってくるようにお願いしました。翌週やることを一緒に確認し、最後はそれをアウトルックの予定表に入れるようにアドバイスします。つまり、「翌週の時間割を作る」という作業をするのです。

その結果、「翌週やることの見える化」をやることで、土日不安なく過ごせるようになった、と話す社員も何人か出てきました。同時に「毎週決まった時間にMTGがある」と言うこと自体が安心感をもたらすという効果も生みだしました。こうしたことに取り組んでいったことで、月曜の勤怠がほんの少しではありますが、安定傾向になってきました。

ちなみにこのブルーマンデー(症候群)は、マンデーだけに限りません。夏季休暇や年末年始休暇明けにもみられる症状です。当社には「長期の休み明けは調子を崩す説」があり、休み明けは「相談面談が多いかもな」と少し構えて出社します。新しい週、新しい季節、新しい年……。「新しい何かが始まるかも。そしてそれは、自分にはできないかも……」。そんな不安な気持ちに陥るようです。休みに入る前に、「出勤したら、まず●●からやりましょう」。そんな状態を作っておくと、新しいスタートがスムーズに切れるかもしれません。

以上、田町のジョブコーチでした。

次回、第3回は、SNSとの上手な付き合い方についてご紹介します。
第3回以降は「会員限定ページ」で紹介いたします。
会員登録いただいた方のみご覧いただけますので、是非ともご登録をお願いいたします!