性的マイノリティに関する方針ステートメント「私たちパーソルチャレンジの約束」

私たちパーソルチャレンジは、すべての人たちが制約に負けない柔軟なはたらき方を選び、誰もが自信をもってはたらける未来の実現を目指しています。

いま、日本のはたらき方を取り巻く環境や考え方は大きな転換点を迎えています。個人や企業、そして社会が、はたらく一人ひとりの価値観や制約、多様性を受け容れ、活躍できる仕組みが求められています。

この変化の中で私たちに求められているのは、多様な能力のシナジーを生かし、変化に対応するだけでなく、偏見や固定観念にとらわれず、多様な選択肢と新しい価値を生み出していく柔軟性と創造性です。その根源となるものが、メンバー一人ひとりの多様性だと考えています。

すべての人たちが自信を持ってはたらける社会を実現するためには、私たちの中にもさまざまな人たちの気持ちや考え方、立場を理解し、想像することができるメンバーの存在と、その活躍が必要不可欠なのです。

私たちは、障害や年齢、性別などと同じく、LGBT等の性的マイノリティについて、身体特性や性自認、性的表現、性的志向を差別せず、多様な価値観を受け容れて尊重する職場環境や組織づくりに取り組みます。そして、誰もが自信を持って活躍できる社会の実現に向けて、メンバーはもちろん、お客様やお取引先様にも私達の方針を伝え、共に歩んでまいります。

平等な機会のもと、個々人が持つ能力のシナジーを生かし、はたらくことを通じてメンバーの可能性を最大限に引き出すこと。それが私たちパーソルチャレンジの約束です。

LGBTに関する取組み指標
「PRIDE指標」において、
最高評価の「ゴールド」を受賞

パーソルチャレンジは、LGBTなどのセクシュアル・マイノリティに関する取組評価指標「PRIDE指標」において、最高レベルのゴールドを受賞しました。