オンライン説明会

Hello, World! 君の特性が、 DXの未来を 切り拓く。

DX世界へ没入せよ!先端ITスキルを身につけ、活躍できる人材へ!

Online Learning

Neuro Dive Online ニューロダイブオンライン

「Neuro Dive Online」とは、オンライン完結の有料学習プログラムです。
コミュニケーションが苦手な方でも特性についてサポートを受けながら、
DX(デジタルトランスフォーメーション)人材としてキャリアアップが目指せます。
Neuro Dive Onlineは、発達障害の傾向をアドバンテージに替えたいと願う全ての人の、
仕事を通じた価値創造をご支援します。

※診断のある方だけでなく、グレーゾーンの方もご利用頂けます。
※就労移行支援事業ではありません。

Neuro Dive Onlineの学習はココが楽しい!

  • エラーを解決出来て
    プログラムが動いた時の快感!

  • 未知の学習領域に
    少しずつ挑戦していける!

  • 心理的安全を感じながら
    仲間と進んでいく実感が得られる!

  • 自分に足りてなかった
    障害理解・自己理解を重点的に
    学習・整理できた!

特性をアドバンテージにDX人材を目指そう!

発達障害(ASD・自閉症スペクトラム)の特性である高い集中力や論理的思考力などは、プログラミング学習やデータサイエンス領域に適性があると考えられています。DX分野の学習をすることで、特性を強みに変え、活躍できる可能性が広がります。

  • こんなお悩みありませんか?

    • 仕事が長続きせずアルバイト経験しかない
    • マルチタスクが苦手
    • 体調やメンタルに波がある
    • コミュニケーションが苦手で職場で孤立しがち
  • スキルアップで解決!

    • 適性に合った仕事なら続けられる
    • 一般職/総合職の枠組みではなく専門職を目指そう
    • 自己理解を深め、特性との付き合い方を身に付けよう
    • 集中力が活かせる「ひとりでできる業務」を増やそう

人材不足が課題。日本企業のDX推進は発展途上のためチャンスも多い!

総務省の情報通信白書令和3年度版によると、日本企業におけるデジタル・トランスフォーメーションは情報通信業が牽引してはいるもののまだまだ発展途上です。DXを進める上での課題は「人材不足」と回答した企業が最も多く、DXを担うICT人材の不足は2030年には約45万人に達する見込みというデータも。活躍できるチャンスが多く見込める分野です。

  • DXを進める上での課題(日本企業)

    出典:総務省(2021)「デジタル・トランスフォーメーションによる経済へのインパクトに関する調査研究」

  • ICT人材不足

    2018年に約22万人不足しており、2030年には約45万人不足する見込み。(中位シナリオ)

    出典:経済産業省(2019)「IT人材供給に関する調査」

CATEGORY あなたも活躍できる!
Neuro Dive Onlineの学習で目指せる4つの分野

  • 機械学習エンジニア

    AI・機械学習を使ったプログラムの作成を担います。統計学の知識やデータベース、Python・R等の基礎知識が必要となります。

  • データアナリスト

    データマイニングによる分析や分析結果をもとにした課題解決や提案を行います。データの整理や可視化のスキル、統計や機械学習の知識などが必要となります。

  • WEB開発エンジニア

    WEBアプリの開発やWEBサイトのフロントエンド/バックエンドの実装を担います。HTMLやCSS、Javascript、データベースやサーバサイドの知識が必要となります。

  • RPA/VBAエンジニア

    事務処理の自動化などを行い、業務改善や工数削減を目指します。Office関連のマクロの知識やRPAの知識が必要となります。

たとえばこんな学習ができます

Neuro Dive OnlineのDXスキルアップ講座

  • プログラミング(R/Pythonなど)
  • 機械学習
  • デジタルマーケティング
  • データサイエンス基礎
  • データ可視化
  • AI・人工知能
  • RPA
  • データベース
  • マクロ
  • 確率・統計
  • WEBアプリ
こんな学習はできますか?のご相談はオンライン説明会申込へ

LEARNING Neuro Dive Onlineでの学習イメージ

Neuro Dive Onlineの学習はプログラミングだけではありません。
データビジネス全般の基礎的な学習からスタートし、まずは幅広い知識を身につけます。
基礎学習の終了後、重点的に学習するのは「実践とビジネスへの応用」です。
ITアドバイザーによる完全個別指導により、ポートフォリオ作成とブラッシュアップを繰り返し、即戦力を目指します。

難しそう?
即戦力を目指せる5つのポイント
無理なく学習できるよ!

POINT

オンライン学習は挫折しやすい!?
Neuro Dive Onlineは専門スタッフが伴走支援!

独学でのプログラミング学習やオンライン学習は手軽に取り組める反面、継続が難しいこともあります。
Neuro Dive Onlineでは、学習進捗の確認やお困りごとの相談など専門スタッフがサポート。すぐに相談できる環境だから、自分のペースで安心して学習を進めることができます。

個別面談
個別学習相談
POINT

平均学習期間は3~6か月。
あなた専用のカリキュラムだから短期間で身につく。

共通講座からスタートし、適性やキャリアプランに応じてITアドバイザーと相談しながら目指す方向を決めます。
あなた専用にカスタマイズされたカリキュラムで、無理なく無駄なく専門性を深めていきます。

Neuro Dive Onlineでの学習の進め方

導入

広く浅く学習し、視野を広げると同時に、自分の興味のある分野や得意分野を見つけていきます。

  • AI・機械学習
  • デジタル
    マーケティング
  • 業務効率化
適性相談・キャリアプラン作成

ITアドバイザーと相談しながら目指す方向を見つけ、専門性を深めていきます。

  • 機械学習エンジニア

    予測/分類によるFindings提供

  • データアナリスト

    マーケティング意思決定支援

  • WEB開発エンジニア

    WEBアプリの開発やWEBサイトの実装

  • RPA/VBAエンジニア

    業務改善による工数削減

POINT

ハイブリッド学習はNeuro Diveだけ!
バランスよく身に付けることで、キャリアップに自信が持てます。

DX領域の学習と並行して、ビジネススキルやコミュニケーションスキルの講座も受講できることがNeuro Diveの強みです。特性の活かし方や対処法を学び、自己理解を深めることで、安定して長く活躍することを目指します。
自信を持って実務や就職活動に臨めるようにトレーニングをするので、実務経験が浅い方も安心してご利用いただけます。

講座一例

  • ビジネスマナー
  • 報告・連絡・相談
  • PDCA・スケジュール管理
  • アサーション
  • 傾聴
  • チームワーク基礎・プレゼン
  • 自己分析・理解基礎
  • 志望動機
POINT

インプットだけではなくアウトプットを重視。
ポートフォリオ作成がスキルの証明に!

Neuro Diveでは、学習したことを活用した成果物の作成を大切にしています。
実例の模倣からスタートし、少しずつ難易度の高いものに挑戦します。インプットとアウトプットを繰り返すことで即戦力となるスキルが身につくと同時に、実際の就職活動でも身に付けたスキルを証明するポートフォリオとして活用できます。

先輩のポートフォリオ一例

  • 転移学習を用いた頭蓋内出血の画像判定モデル作成
    (Python)

  • アンサンブル学習を用いた心疾患死亡予測
    (Kaggle)

  • 緊急事態宣言前後における訪日外国人の増減要因分析
    (Tableau、PowerBI)

  • モデル精度を競う賞金有Kaggleコンペティションへの参加
    (Python)

その他ポートフォリオ

  • covid19のデータ可視化
  • 心血管疾患(CVDs)患者の心不全による死亡率の予測
  • 衣料品の売り上げ予測プログラム
  • 不動産価格の推定プログラム
POINT

成果発表会や成果物ライブラリで
情報共有がさらなる自己成長とモチベーションUPにつながる。

学習成果の発表会や成果物ライブラリでほかの受講生や先輩の成果物を見る機会を設けています。良いところは積極的に取り入れ自身のポートフォリオ作成に活かすことができ、成長を加速。良い刺激を受けることで、モチベーションUPにもつながります。
プレゼンテーションに慣れる機会としても好評いただいています。

オンラインサロン
成果物ライブラリー

FELLOW さまざまなバックグラウンドを持つ仲間が、
Neuro Dive Onlineを活用して
スキルアップしています。

  • 働きながら学習し、苦手だったコミュニケーションスキルを習得。
    志望していた業界へ、キャリアチェンジが叶いました!

    20代男性/ITエンジニア(在職中)

    利用期間:6か月

    これまでの経緯
    情報系の大学院を修了。大学院で学んだコンピュータサイエンスを生かしつつ、モノづくりに関わる会社で働きたいと思ったが、コミュニケーションが苦手だったため新卒での就活がうまくいかず、システム開発の企業へ就職。
    数か月おきに仕事内容が変わるはたらき方や仕事内容があっていないと感じていた。
    Neuro Dive Onlineを利用したきっかけ
    悶々した日々を送っていた中、先端IT特化型就労移行支援事業所 Neuro Diveの存在を知り、説明会に参加。
    在職中であり、通える範囲に事業所がなかったことから、Neuro Dive Onlineを選択した。
    学習の成果
    データサイエンスのコンペサイト、オープンデータ等を利用して、データ分析に関わる内容を学習。ITアドバイザーと相談し、メーカー系で求められる画像認識や、IoTデバイスを使って成果物を作成。成果物発表会を通じて、苦手なプレゼンにも慣れることができた。
    自信を深めて転職活動へ臨み、憧れの“モノづくり”に関わる企業へ、キャリアチェンジが成功!Neuro Dive Onlineで学んだスキルを活かしてIoTデバイスのデータ分析の業務に従事。やりがいを感じる毎日です。
  • 未経験・職歴なしからの挑戦!
    スキル習得と資格取得で憧れのIT業界へ。

    20代女性/アルバイト

    利用期間:6か月

    これまでの経緯
    アルバイトをしながら声優を目指していたが挫折。
    会社員経験がなかったため、ITスキルはおろかExcelも未経験。ビジネススキルもない状態だった。
    Neuro Dive Onlineを利用したきっかけ
    30代が近づき、一念発起。
    今後生きていくためのスキルを付けたいと思い、Neuro Dive Onlineの利用をスタート。
    学習の成果
    未経験からスタートしたが、PythonでのWebアプリケーション開発を中心に、業務効率化スキルを習得。ビジネススキル講座も受講し、コミュニケーション、プレゼン、タスク管理等のスキルも身につけることができました。基本情報処理資格も取得し、憧れのIT企業へ。開発エンジニアとしてキャリアをスタートすることができました。

あなたも夢を実現しよう!まずはオンライン説明会へ

無料体験から学習をスタートできます。

オンライン説明会申込

ITスキルだけじゃない!
就活で役立つポートフォリオ作成支援まで
Neuro Dive Onlineならフルサポート

Neuro Dive Online A社 B社
学習スタイル オンライン オンライン オンライン
講座内容 ITスキル
ビジネススキル
ITスキル ITスキル
カリキュラム ひとりひとりに
合わせて
カスタマイズ
ひとりひとりに
合わせて
カスタマイズ
コース別
受講期間 3~6か月
(個人差あり)
2か月半~6か月 最短3か月
(1コースあたり)
ポートフォリオ
作成支援
あり 不明 コースによる
料金

350,000円~

※3か月の場合。

657,800円~

536,250円~

※3か月の場合。

就労移行支援事業所 Neuro Diveのご案内

全国3か所(秋葉原/横浜/福岡)に日本初の先端IT特化型就労移行支援事業所 Neuro Diveを開設しています。 Neuro Dive Onlineと同等の学習内容ですが、通所が必要である、障害福祉サービス受給者証が必要であるなど、異なる点もあります。
ご興味のある方は、就労移行支援事業所もご検討ください。

先端IT特化型就労移行支援事業所 Neuro Dive

よくある質問

体験利用できますか?

約1週間~2週間、実際のプログラムを無料で体験していただけます。

説明会申込はこちら
未経験なのでついていけるか不安です。オンラインだけで実践的なスキルが身に付くのでしょうか?

全くの未経験からでも確実にスキルを身につけられるカリキュラムをご用意しています。また、専門スタッフが個別に学習計画を作成し、卒業までしっかりとオンラインで学習をサポートします。不安なことがありましたら、説明会のあとの個別相談でお聞かせください。無料体験もありますので、納得したうえでお申込みいただけます。

説明会申込はこちら
障害者手帳がなくても利用できますか?

オンライン有料学習サービスNeuro Dive Onlineは障害の診断がなくてもご利用いただけます。
ご自身の特性やその他お悩みついてもお気軽にお問合せください。

説明会申込はこちら
Neuro Dive(先端IT特化型就労移行支援)とNeuro Dive Online(オンライン有料学習サービス)のどちらを利用しようか迷っています。具体的な相談をしたいのですが、どうすればよいですか?

説明会にご参加ください。両方の説明会にお申し込みが可能です。説明会のあとに個別相談も実施しています。

説明会申込はこちら