特例子会社としての特徴

Challenge(チャレンジ)と改善で障がい者雇用のノウハウを増やし、
PERSOL(パーソル)グループの障がい雇用を促進する。

パーソルチャレンジは、パーソルグループの特例子会社として、グループ内の様々な業務を受託することで障がい者雇用の促進を図っています。

「仕事を通してお客様やチームに貢献する」こと、「生産性を高める」ことを目指し、生産性指標の導入や生産管理、品質管理の概念を導入しながら、オフィスワークでの障がい者雇用における先駆的な取り組みと改善、マネジメントを行い、多くのノウハウを蓄積してきました。

これまでにも、以下の様な取り組みを行っています。

  • 「生産管理」の仕組みの導入(200人以上のスタッフと100を超える業務の最適なマッチング)
  • 業務の「見える化」(仕事と社員のキャパシティを数値化することによる社員の不安解消)
  • 個人の知識・経験・勘の共有(学べる仕組みの提供)
  • 全業務にマニュアルとチェックシートを導入(作業品質の安定化)
  • 個人ではなくチームでの業務構築(バックアップ体制)
  • 心身ともに健康的な職場を作る(働く意欲をキープし、定着につなげる)

社員一人ひとりへの人材マネジメントはもちろんのこと、業務マネジメントまで徹底して行うことで、障がいのある社員が働きやすく、キャリアアップを目指せる、やりがいを持てる職場環境を作り出しています。

このような取り組みに関しては、社員だけに任せるのではなく、会社としての取り組みとして実行しています。これらの施策により、安定した質の高い業務を遂行し続けることで、グループ全体の生産性向上へ貢献しています。

各事業とのシナジーで、新たなステージ(展開)を目指す。

受託サービス事業で培ったノウハウを活かし、世の中の障がい者雇用に関わる問題を解決すべく、障がいのある方の就労支援、企業における障がい者雇用のサポートをしてきました。

今後はマーケットのさらなる需要拡大を見据え、各事業活動を通じて、世の中に対してより多くの障がい者雇用の成功事例を作るだけではなく、自分たち自身が「障がい者雇用の成功モデル」となり、世の中を牽引していくような存在を目指していきます。

採用事例

主に受託サービス事業部にて、障がいのある方の採用を行っています。入社後はオフィスワークを中心とした業務に従事しています。

採用事例につきましては、採用情報の採用者インタビューをご覧ください。

採用者インタビュー パーソルチャレンジではどんな働き方ができるのか、どんなやりがいを見つけられるのか、社員のインタビューを通してご紹介しています。採用者インタビュー パーソルチャレンジではどんな働き方ができるのか、どんなやりがいを見つけられるのか、社員のインタビューを通してご紹介しています。