メッセージ

代表取締役 原野 司郎代表取締役 原野 司郎

「障がい者雇用」という言葉が無くなる時代へ

パーソルチャレンジは、パーソルグループの特例子会社です。2014年の設立以来、グループの事務業務や広告制作等を担うBPO事業、自治体からの受託事業、就労移行支援事業、そして日本最大級の決定実績を持つ障がい者専門の人材紹介事業(DODAチャレンジ)など、障がい者雇用にかかわるサービスを総合的に提供しています。

私たちの事業目的は、「障がい者雇用を、成功させる」こと。パーソルチャレンジという会社が世の中に提供できる本質的な価値を考えた結果、この言葉に行きつきました。当たり前のことを言っているだけに聞こえるかもしれませんが、この言葉の裏には、障がいのある方の就労をより多く支援していくには、「雇用する側である企業や組織がもっと変わっていかなければならない、私たちがその変化を創るお手伝いをしていこう」という決意があります。

例えば、精神障がい者の雇用を進めていかねばならない、という社会の要請があります。しかし、多くの企業が、受け入れの方法がわからない、採用できても定着が進まない、という悩みを抱えて立ち止まっています。私たちは、このような企業や組織に対して、人材の紹介だけでなく、受け入れ環境についてのコンサルティングから定着の支援までトータルにサポートできる体制を整えています。

私たちの強みは、自社の中で障がいのある社員が数多く活躍しており、そこで得られた経験を、採用や雇用のノウハウとしてサービスに活かせることです。自社の障がい者雇用じたいが「成功モデル」になることを目標に、チャレンジを繰り返しています。障がいのある方々が職場に定着し、長く活躍して、実際に企業の発展に貢献するといった状態を、日本で最もたくさん創り出すことができる会社になりたい。そして、すべての企業や組織において、さまざまな制約を持つ方と共にはたらくことが当たり前になり、「障がい者雇用」という言葉が無くなる時代を迎えたい。これが、私たちの志です。

代表取締役
原野 司郎