グループ経営理念

パーソルグループの
経営理念・ビジョン

経営理念

雇用の創造 人々の成長 社会貢献雇用の創造 人々の成長 社会貢献

ビジョン

人と組織の成長創造インフラへ

人の働き方がどんなに変わっても、
組織のあり方がどんなに変わっても、
変わらないことがあります。
それは「人は仕事を通じて成長する」ということ。
パーソルグループは、
働く人に様々な成長の場や機会を
提供するとともに、
組織の成長に貢献する
幅広いサービスを提供します。
人の成長は組織にさらなる成長をもたらし、
成長した組織はそこで働く人にとって
さらなる成長の場となります。
人が働く組織がある。
そこにわたしたちの仕事がある。
わたしたちは「人と組織の成長」を支援し、
創造することで、
社会にとってなくてはならない存在で
あり続けます。

パーソルチャレンジは、グループの経営理念・ビジョンのもと、グループの特例子会社として障がい者雇用の領域での人と組織の成長を目指していきます。

パーソルチャレンジの
ミッションステートメント

障がい者雇用を、成功させる。

障がい者とはたらくことで、チームが強くなる。
助け合い、団結するから。
障がい者とはたらくことで、生産性が上がる。
組織全体や自分の効率まで見直すから。
障がい者とはたらくことで、
前向きな社風になる。
できない理由より、できる方法を考えるから。
障がい者とはたらくことで、
新しい発想が生まれる。
気づかなかった視点を教えられるから。

障がい者は、人を成長させるチカラになる。
組織を成長させるチカラになる。

障がい者雇用の領域で、
「人と組織の成長創造インフラへ」。
まずは私たち自身が成功事例となるよう、
さまざまな障がいに合わせた
はたらき方や組織のつくり方、育成や
マネジメントの方法を生み出しつづけます。

そうして、多くの企業に人材を紹介し、
その人材が活躍できるよう、
ノウハウの提供や研修を行い、
ひとりでも多くの障がい者が
活躍する場をつくりたい。

障がい者雇用という言葉がなくなるくらい、
あたりまえになるように。