学内コミュニケーション・サポート・プログラムのご案内

コミュニケーション・サポート・プログラム(CSP)は、春休みや夏休みなど長期期間中にパーソルチャレンジ本社(東京)にて開催しております。
遠方のため、東京開催への参加が難しい学生さんを対象に、出張プログラムをご用意しております。

学内CSPで期待できる3つの効果

1.自己理解の促進、2.コミュニケーションの基本の理解、3.はたらく場での議論の仕方の理解

1.自己理解の促進、2.コミュニケーションの基本の理解、3.はたらく場での議論の仕方の理解

本格的に就職活動が始まる前に、自分の特性を知ることが重要です。 コミュニケーション・サポート・プログラム(CSP)は、プログラムを通じて、自分を知るきっかけを掴むことが最大の目標です。この先、就職や進学など、複数の選択肢がありますが、まずは自分を知ることから始め、学生が自分に合った進路を考えていけるようにサポートします。

学内CSPコース

Halfコース(2時間30分)

内容 定員
  • オリエンテーション
  • グループワーク
  • ショートディスカッション
3名~10名

1dayコース(8時間 ※休憩1時間含む

内容 定員
  • オリエンテーション
  • グループワーク
  • ショートディスカッション
  • コンセンサスゲーム
  • 個別面談
    ※適性検査結果フィードバック含む
3名~10名
  • ※開催費用につきましては、お問い合わせくださいませ。。
  • ※開催会場は、貴学内にてご準備をお願いします。
  • ※1dayご参加の学生には、事前にWeb上で適性検査を受検いただきます。

参加者の声

学生
  • 久しぶりに人と話して楽しかった
  • コミュニケーションは苦手だと思っていたが、自分でもできそうだと思えた
  • 今日学んだコミュニケーション方法を学生生活でも活かそうと思う
  • グループディスカッションを体験できて自信がもてた
  • ディスカッション中、自分では熱くなっているつもりはなかったが、周囲からの見え方は違うとわかった
大学教職員
  • 就職支援をしている企業の方から、学生にフィードバックしていただけることがありがたい
  • CSPに参加した学生たちが、それぞれ修学や就労に対して前向きに取り組むことができている
  • プログラム終了時の学生たちの笑顔が印象的だった
  • 学生が周囲の人と関わる様子を実際に見ることができ、今後の学生支援に活かしていこうと思った
  • 特例子会社や就労移行支援事業所についても教えていただき、今後も相談させてほしい

開催実績

国立大学法人 長岡技術科学大学にて、コミュニケーション・サポート・プログラム(CSP)を実施しました

お問い合わせ先

パーソルチャレンジ株式会社 CSP担当者宛て

TEL:03-6385-7370